京都からスタートアップを−町家スタートアップイベントVol1 を5月3日に開催します

SHARE:

「起業や新しいサービスをもっと発信して盛り上げていく」

こうした動きが日本中で起こり始めています。

新しいサービスを考案し、実際に形にしてチャレンジしていくことで、自ら道を切り開く人たちが少しづつでてきました。こうした起業やスタートアップの動きは、なにもウェブを中心としたオンラインのサービスというだけではありません。

ソーシャルメディアなどが使われるようになってきた現代において、いかに自分の日々の生活をよくするか、これまで経験したことがない体験や出来事をつくるか、ということが、ネットのサービスを通じてよりよい環境がつくられるようになってきました。

こうした、これからの新しい「スタートアップ」について、参加者と登壇者で密になってやりとりできる企画を、京都の町家スタジオをお借りして、話をする機会を設け、起業やサービスを展開したきっかけ、そしてそのサービスの今後などについて、しっかりと話をする場をもうけ、これからのつながりや、これから起業などをしたい人たちに、きちんとそのプロセスを共有し、すでに動きを起こしている人たちから、何かを継承できる場をつくっていけたらと思います。

そこで、まず第一弾として、2組のサービスの方々をゲストにお呼びして、そのサービスの成り立ちやきっかけ、そして、そのサービスが目指す思いやこれからなどについて話してもらいます。

また、そのあとはモデレーターである江口とともに、これからのサービスに必要なものはなにか、対談形式で話をすると同時に、参加者との意見交換の場をつくりました。


東日本震災をきっかけに、地震に対する日頃の意識をつくりあげ、
非常事態の意識をもっと日常に溶けこませる定期購読サービスの「yamory」

クラウドファンディングのCAMPFIREにおいて、一日で目標金額をサクセスし、目標金額を400%を越え注目を浴びたyamory。
震災が”自分ごと”となったいまだからこそまさに必要なサービスだと感じます。

また、サービスをつくるきかっけとなったのが京都ということで、京都にもゆかりのあすサービスとしても、その経緯や思いなどを伺いたいと思います。

日本酒の定期購入サービスから、もっと日本酒の文化のハードルを下げ、若い人たちに食や伝統についての情報を発信していく「SAKELIFE」

先日、ウェブサイトがオープンしたSAKELIFE。こちらもCAMPFIREで目標金額の400%を超えるほどの注目が浴びました。

日本酒の需要が減少しているいま、どうやって若い人たちになじんでもらうか、また日本酒なども含めた日本の伝統文化などを身近に感じるための情報発信をおこなうSAKELIFE.これからの展開について伺います。

これら、ウェブだけでなく、実際に生活者とともにつくりあげるサービスをたちあげた2組をお呼びして、
サービスを立ち上げたきっかけから、サービスを実際にローンチするに至るまでの経緯や苦労、そしてこれから目指すサービスのあり方や展望などについての対談などをおこないます。

【イベント概要】

○日時
2012年5月3日(水)19時〜(受付18時半〜)

○内容
●「社会問題を解決するyamoryがつくる震災意識」
yamory 代表 古川由己

●「SAKELIFEが作る日本酒のこれからと楽しみ方について」
SAKELIFE代表 生駒龍史

●「これからの起業やサービスのあり方について」
SAKELIFE×yamory
モデレーター 江口晋太朗

●懇親会
軽食+SAKELIFEより、日本酒提供予定

○場所
京都リサーチパーク町家スタジオ
京都市上京区葭屋町通中立売上る福大明神町128
地図はこちら

○参加費
3000円
定員30名程度を予定しています。

*4月27日update

大変多くのみなさんからのご参加をいただいております。
会場のキャパの都合などにより、いま参加申し込みをされている方で一旦締め切りさせていただきます。
キャンセルなどの方は、できるだけ事前にご連絡いただけるよう、お願いいたします。

参加は
Facebookイベント
もしくはこちらからお申し込みください。