写真アプリFxCameraを買収したビットセラーが500万米ドルを調達

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】

2,3週間前に日本のウェブ会社であるビットセラー買収された日本発のAndroid写真アプリFxCamera。本日(原文掲載4月27日)、ジャフコから4億2000万円(500万米ドル以上)の資金調達を行ったことを知らされた。

FxCameraは(マーケットに出てから長い時間が経っているが)1500万ダウンロードされ、ビットセラーによるとAndroidの写真アプリで世界最大を誇る。彼らの発表によると、今回の調達でアプリ開発チームの強化とフィルター機能の改善、そしてアプリを”ビジュアルプラットフォーム”に変身させることを目指している。

ビットセラーのFxCameraのマネタイズ戦略は、公開予定のクラウド写真ストレージサービス「Cellar (Cellar.io)」との連携である。まだ公開はされていないが、プランはDropboxのようにフリーミアムモデルでユーザにストレージで課金すると聞いている。

FacebookがInstagramを買収したので、写真アプリ市場に少しスポットライトがあたっているようだ。先週見たとき、私はLine cameraを凄く気に入った。そしてそこにも大きな可能性がある気がする。

FxCameraを試してみたければ、Google Playで手に入れる事ができる。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia