中国のアパレル自社ブランド「Crucco」がスローファッションで急成長

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】

eコマースで独自のファッションブランドを構築するのは大変な事業だ。だから中国のB2CアパレルサイトCruccoはオンライン1周年を祝うことができてホッとしているだろう。

Crucco.comが販売するのは、自社ブランドの衣服、靴、家庭用品だ。主に扱うのはナチュラルテイストでオーガニックな商品で、日本の無印良品の商品特徴に似ている。設立者でCEOのXu Xiaohui氏はそのスタイルを「スローファッション」と呼び、都会に住む中国人の多くが派手さを抑えリラックス感のある服装を好むようになると確信している。

Xu Xiaohui氏は先日1周年を記念して、自身のSina Weibo(新浪微博)ページで次のように語った。[1]

今日は君の誕生日。僕たちにとっては初めてのお祝いだ。この写真はちょうど1年前の4月6日のサイトで、この1年はあっという間に過ぎっていった。人生は短い。だから少しゆっくり走ろうよ。

Xu氏にはテック業界での経歴があり、Lei JunのKingsoft、Yahoo China、Vancl(広州買衣)で働いたことがある。Cruccoは、自社ブランドのみを販売するB2Cのオンライン小売業者Vanclにあらゆる点で似ている。CruccoよりもメジャーなVanclは、今や中国でトップ10に入るeコマースサイトで、ファッションだけに特化したサイトとしては最大級だ。

中国のメディアに対し、Xuは新たな資金調達はまだ考えていないと述べた。同サイトのローンチ直後、Cruccoは1000万人民元(158万米ドル)ほどの資金をどこかのベンチャーキャピタルから獲得したと言われている。こういった主張がある一方で、業界内にはCruccoが主要なシリーズAの資金調達に向けて交渉中だという人もいる。

[出典: Donews -中国記事より]


[1]Xu氏のWeiboツイートの直リンクより

【via Tech in Asia】 @TechinAsia