InMobi調査:ベトナムで強力なメディアチャンネルはモバイル [インフォグラフィック]

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】

モバイル広告ネットワークのInMobiが調査した、ベトナムのモバイル市場に関する興味深い資料を紹介したい。InMobiによると、ベトナムのモバイル広告市場は2011年第4四半期に121%成長しており、同社は前年合計2倍以上となる60億のインプレッションをもたらした。

InMobiは、2011年第4四半期、60億以上のインプレッションの56億はフィーチャーフォン[1]で、わずか4億がスマートフォンによるものだとしている。より成熟したマーケットに住む私達にとって、Nokia(HEL:NOK1V; NYSE:NOK)携帯が、今もフィーチャーフォンが主流であるベトナム市場を独占していることは驚きではある。

下のインフォグラフィックからも分かるように、今のところNokia携帯が市場を独占しているにもかかわらず、同社携帯の市場シェア率は低下している。その一方で、Samsung(005930:KS)やその他のAndroid携帯が伸びつつあるようだ。だが、Androidのシェア率は今でも市場全体の2.6%にすぎない。

ベトナムのユーザーはメディアの消費傾向も違うようで、ベトナム人が好むメディアチャネルはモバイルが35%(1日に費やす時間)で、TVが25%、PCは18%となっている。同社の東南アジア地区責任者兼ジェネラルマネージャーのPhalgun Raju氏は、ベトナムでもモバイルオンラインショッピングが急成長するだろうと見ている。

「この調査から、ベトナムのモバイルウェブユーザの75%が、商品の購入に際しモバイル広告の影響を受けていることが分かっている。さらに、消費者の77%が1年のうちにモバイルショッピングを経験するだろうことも分かった。これは現時点と比べて36%の上昇となる。」

下のインフォグラフィックで更なる詳細を見てほしい。ベトナムのモバイル業界で起こっているこれら重要な変化が上手く描かれている。

1.上のインフォグラフィックでは、InMobiは(なぜか寛大に)フィーチャーフォンを高性能携帯として示している。フィーチャーフォンの中にはかなり高性能であるものも多いが、筆者が考える業界の標準的な名前にこだわりたい。
2.InMobiによると、今回の調査はベトナムのモバイルウェブユーザー1,183人を対象に行なったとのこと。対象者数はそれほど多くはないが、意義のある調査だと思う。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

StartupBase Profile

inmobi

Company: inmobi

モバイルオンライン広告および決済プラットフォーム

About StartupBase

----------[AD]----------