パキスタンのChina Mobileユーザは1,560万人、同国の携帯キャリア最大手の一つに

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】

私たちは中央アジアについてはあまりカバーしていないため、正直に言うと、China Mobileがパキスタンで業務を行なっていることを知らなかった。同社は「Zong」という子会社ブランドのもと、最近驚異的に成長しているらしい。2011年後半9ヶ月の間に、加入者は860万人を超え、パキスタンの携帯キャリア最大手の仲間入りをしている。現在、毎月60万人以上のペースで登録者を増やしているという。

China Mobileの顧客が増えているのにはいくつかの理由がある。1つは、複数のSIMカードを装着できる携帯電話が普及していることだ。パキスタンの携帯利用者の多くは複数の通信会社を利用している。China Mobileはまた、大規模なキャンペーンを行い、特別なサービスを提供するなどしてサービスを向上させている。さらに、農村地区にも新たなオフィスやサービスセンターを数多く開設している。

China MobileのZongは、Mobilink、Telenor、Ufoneなどの現地リーダーに比べるとまだ遅れを取っているものの、徐々に追いつきつつあるようだ。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録