中国製電話の戦い−−Qihoo 360ブランドの電話が間もなく登場か

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】

Apple、HTC、Samsung、Nokia、Microsoftなどの携帯メーカーは、世界市場で戦いを繰り広げている。そして中国国内にも、同等のローカルな戦いが見られる。

Baiduフォン、Shandaフォン、Alibabaフォン、Tencentブランドのフォン、そしてXiaomiフォンの戦いである。アメリカを凌いで世界一となった中国のスマートフォン市場、そこに多数のブランドが存在することは驚くに至らない。中国のインターネット大手は、ハードウェアビジネスを愛してやまない。そして、Qihoo 360は独自のブランドフォンの販売を間もなく開始するという。

Qihoo 360のCEOであるZHOU Hongyi氏が、weiboでこのようにツイートした。

「私は、半年以上ものあいだ考えてきた。我々は無料のアンチウィルスソフトを開発したが、いかにより大きな価値をさらに多くのユーザに還元していくのか?誰もが最新の電話を欲しがっているが、誰しもがiPhoneを買える訳ではない。

Qihoo 360はオープンプラットフォームで、我々が独自に電話をつくることは決してない。だが、国際ブランドおよび現地ブランドと協力し合い、Qihoo 360ブランドの電話を構築していきたいと考えている。

そこで教えてほしい。皆のお気に入りのブランドは?どのような機能が欲しいか?そして希望価格は?」。

今のところまだ、Qihoo 360による公式発表はない。同社はまたしても、皆に対して挑戦状を叩き付けた。そして今回の戦場はハードウェアのようだ。

【via Technode】 @technodechina

StartupBase Profile

qihoo(奇虎)360

Company: qihoo(奇虎)360

Qihooはアンチウィルスソフトの販売会社として始まった会社である。しかし、今ではほとんどの利益を広告から得るところまで事業を拡大し、iOS、アンドロイド、Symbianの大量のアプリを使うことでそのブランドを広…

About StartupBase