気持ちが伝わるTwitterクライアント「Feel On!」、英語対応のAndroid版アプリをリリース

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】

Feel On!」は昨年発表されたiPhoneアプリで、ツイートの文脈に合わせたキャラクターを表示することで、ツイートの感情も見ることができるようにするものである(読者は、私たちが4月に書いたこのアプリに関する記事を思い出すかもしれない)。日本語以外のツイートについてはこれまでのところ未対応だったが、ついにAndroid向けの英語版アプリが先週発表され、現在Google Playでダウンロード可能である。英語対応のiOS版は、近々発表される予定だ。

このアプリは、東京ベースのスタートアップ、株式会社L is Bによって開発されたものだ。L is Bという社名は「人生は美しい(Life is Beautiful)」を意味している。同社CEO兼設立者である横井太輔氏は、以前Just Systemsで働いていた。Just Systemsは、現在最も使われている日本語の音声入力による漢字変換システムの一つを開発した企業として知られている。彼のJust Systemsでの経験は、Feel On!でのSSE(ソーシャル・エモーション・エンジン)の開発に大いに役立った。このエンジンにより、ツイートの内容を解析し、ユーザの感情を理解することができるアプリの開発が可能となった。

このエンジンは以前は日本語のツイートしか対応していなかったが、英語にも対応するために、同社は英語とフランス語の2ヶ国語でのコミュニケーションが行われているカナダのモントリオールに新しいラボを作った。英語版の制作によって事業を東南アジア地域に拡大することを計画しており、横井氏は中国語版を開発するためにシンガポールに新しい現地事務所を作ろうとしていると聞いたことがある。中国語版は、同地域の数多くのTwitterユーザの注目を集めることになるだろう。

昨年6月、Feel Onは、グローバル化を目指す日本のスタートアップ向けにサンフランシスコで開催された一夜ピッチイベント、SF New Tech Japan Nightで最優秀賞を受賞した。

:横井氏のご尊父が先週お亡くなりになりました。心より、ご冥福をお祈り申し上げます。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia