インドネシアのモバイル広告市場が1年で倍増、成長が一番速いのはAndroid[インフォグラフィック]

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】

InMobiが発表した、インドネシアのモバイル業界に関する興味深いインフォグラフィックを紹介しよう。これは、2012年5月末までの四半期と2011年の同時期を比較したものだ。このレポートによると、インドネシアのモバイル広告市場はなんと99%も成長しており、InMobiの広告インプレッションは先月まででほぼ270億を記録している。

これは、モバイルアプリを手掛けるインドネシアのすべてのスタートアップにとって素晴らしいニュースだ。というのも、インドネシアはスマートフォンおよびフィーチャーフォン市場の両方で目を見張るほどの成長を遂げているからだ。スマートフォンのインプレッションは123%という驚異的な率で伸びており、これは93%の成長率を誇るフィーチャーフォン市場よりも早く成長していることを示している。

インドネシアのOS市場シェアについては、Nokia OS(33.4%)とSymbian(22.5%)がプラットフォームのトップであるが、徐々にAndroidにシェアを奪われつつある。Androidは昨年1年で最も高い成長率を記録し、広告インプレッションでは8.3%のシェア率を獲得、今では10%に近づきつつある。その一方で、Nokia OSとSymbian OSのシェア率は徐々に下がり、Nokiaが1%、Symbianが5.3%のシェアを失った。

広告インプレッションのシェアに基づいたデバイスのトップは、Nokiaが56%で依然としてインドネシア市場を独占している。最も人気のあるデバイスのトップ5も全てNokiaで、シェア率4.6%のNokia X2-01がトップとなっている。

InMobiの東南アジア、香港、台湾地区のリージョナルディレクターで、ゼネラルマネージャーのPhalgun Raju氏は次のように述べている。

インドネシアは、東南アジア地域のモバイル大国の1つとして力強い成長を遂げています。スマートフォンの普及率も急速に伸び続けるでしょう。それを先導しているのがAndroidで、ブランド各社はさらにクリエイティブな商品を導入し、利用者を獲得する機会をつかもうとしています。

このインフォグラフィックの全容は以下の通り。

こういう面白いインフォグラフィックをもっと見たい方は、Tech in Asia の Inforgraphic Series へどうぞ。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------