シンガポール発のレストラン予約サービス「Chope」がユーザ100万人を突破、今後は香港進出を狙う

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】

シンガポール生まれのレストラン予約サービスChopeの利用者が先日ついに100万人を突破した。参考までに言っておくと、これはシンガポール総人口の5分の1を占める。

同スタートアップは昨年6月に設立され、いまでは150店以上のレストランが予約業務を処理するためにサービスを活用している。今のところ、掲載されている大部分のレストランはシンガポールにあるお店だ。最近ChopeはSamsungと提携し、同社のAndroidアプリをシンガポールの全てのSamsung Galaxy S3携帯に搭載。今年末までにユーザ数200万人の獲得を目指している。

Chopeは香港に進出しており、今のところ6つのレストランをカバーしている。

シンガポール拠点のスタートアップが拡大しているのは嬉しいことだ!

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------