インドネシアの旅行サイト「Rajakamar」が新たなBlackBerry向けアプリを発表

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】

オンライントラベル業界大手のRajakamarは、ビジネス向けに新たなBlackBerryアプリを発表した。インドネシアに多くいるBlackBerryユーザが、いつでもどこでも指先で簡単に旅行取引ができるようになる。直感的なアプリに支払いシステムが統合されているところが特徴だ。

RajakamarのCEOであるScott Blume氏は、プレスリリースで次のように述べている。

「インドネシアにおよそ300万人にいるBlackberryユーザの皆さんは、コンピュータにアクセスしなくても、また国内ホテルなら直前でも格安で予約することができるようになります。また、あらゆるプランの中から最適なプランを探せるため、ホテル探しのストレスを取り除き、その分休暇の下調べができるようになります。」

BlackBerryアプリの多くがあまり冴えないが、同アプリには素晴らしい点がいくつかある。軽くて処理が早く、操作が簡単だ。そして極めつけは、klikBCAのインターネットバンキング口座を持っているユーザなら、ユーザーIDを入力するだけで決済を直接済ませることができることだ。

だが、部屋の詳細説明には少し問題があるようだ。モバイルアプリで予約可能な部屋やスウィートルームの詳細やアメニティ、価格に含まれている内容などが提供されてないのだ。その情報が不十分では、どの部屋が自分のニーズに合っているかを判断できない。

Rajakamarのモバイルアプリは、まだ他のスマートフォンのプラットフォームには開発されていない。大都市では、依然BlackBerryがスマートフォンでは一番人気のため、この戦略も納得できる。近年、目覚ましい勢いでAndroidユーザが増えているので、そろそろAndroidプラットフォームの開発を検討しても良いのではと思う。

RajakamarはPanorama、DwidayaやSmailing Toursのような従来の大手旅行代理店の支援を受けている。同社はホテル予約に特化しており、おそらくインドネシアの都市の多くに最大のデータベースを設置している。以前にはサイトの全面見直しを行っており、旅行サイト最大手のTripAdvisorと提携しレビューシステムを提供している。

更新情報:BlackBerry版アプリに加えて、RajakamarはAndroid版アプリも公開した。こちらも同じような機能が付いているようだ。Android版アプリのダインロードはこちらから。さらなる詳細はプレスリリースをチェックしてほしい。

【via DailySocial】 @DailySocial

----------[AD]----------