ソーシャル翻訳サービス「Conyac」のマイルストーンと、シリーズAの資金調達計画

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】

つい最近、日本のクラウド翻訳サービスConyac.cc明星和楽に参加したことを取り上げた。彼らのピッチは審査員に強い印象を与えた。読者の中にはConyacの進捗をもっと知りたがっている人もいるだろうと思い、ファウンダーである小沼智博氏と山田尚貴氏に今後の計画についてメールで聞いてみた。

小沼氏は、サービスのいくつかの直近の数字をシェアしてくれた。昨年と比べると2000人増の7000人の翻訳者、そして5000人のクライアントが翻訳プラットフォームにいると話した。国別に分析するとユーザ分布はこのようになる。

過去1年、Conyacは売上翻訳依頼数ともに順調に成長している。山田氏は、Conyacの依頼数は毎月増えていると説明してくれた。2012年1月時点の月間の依頼件数は1,000件。現在は20,000件まで伸びている。彼はまた、ユーザ数ではなく翻訳依頼数とアクティブ率にフォーカスしていると述べた。彼らの2013年3月の依頼件数の目標は50,000件だ。山田氏は以下のように付け加えた。

「私たちは今、特に東アジアに注目しています。東南アジアからの翻訳者が増え続けています。Conyacは東南アジア各国へのローカライズのツールとして良いソリューションになります」。

Conyacは、サムライインキュベートから2年前にシード投資を受け、さらにngi group(現在はMotion Beat)とスカイライトコンサルティングから昨年末投資を受けた。現在シリーズA投資を検討中である。

彼らの幸運を願っている。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------