中国のフラッシュセールスサイト「FClub(衆尚)」がシリーズBラウンドで3000万米ドルを調達

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】

ベンチャーキャピタルによるファンディングシーンが非常に不振な中国だが、フラッシュセールスサイト「FClub(衆尚)」がシリーズB投資ラウンドで3000万米ドルを調達した。この巨額の第2投資ラウンド(2011年4月の第1回目のFClubへの投資額の3倍)はIDG Capital、Zero2IPO Capital、SK Capitalと共にIGCによるものだ。

この知らせは、FClub.cnの副社長であるYi Zongyuan氏が個人のWeiboアカウントに投稿したことで発覚した。同フラッシュセールスサイトは、業界では「VIPセールス」と言われている。2009年7月にローンチされ、ミドル価格帯の服やアクセサリー、また高級な品もいくつか取り扱っている。1500以上のブランドと提携して商品を買い上げ、その後たった5日間でサイトの会員向けに売り切るというスタイルだ。

過去1年間にわたるFClubの成長に見られるように、第2ラウンドでIDGとZero2IPOが再度投資したことが幸先の良い証だったと見られている。ニューヨーク証券取引所で今年3月上場を遂げた中国のフラッシュセール・サイトVIPShopと似た道を辿っている。

先週、Zero2IPOのWang Lipeng氏は中国メディアに対し、この一筋縄ではいかないB2C分野におけるFClubの「確固たる位置づけと細部にまでいき届いた管理能力」を賞賛した。

FClubは自己報告で200万人の登録ユーザ数を誇り、うち40万人はアクティブユーザだという。500名もの従業員を抱えているが、これには倉庫・卸販売店の従業員も含まれる。上海に拠点を置き、広州と香港にもオフィスを構えている。

[出典: Donews – 中国記事より]

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------