中国の大手eコマース「Tmall(天猫)」、2012年上半期に200億人民元の売上を記録

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】

AlibabaのB2CサイトTmall(天猫)は、今年上半期の成績を公開した。前年比200%アップで、総売上高は合計200億人民元(約2,470億円)となっている。年末までに500億人民元(約6,174億円)を超えると予測されている。

さて、この目がくらむような数字をチェックしてみよう。第1四半期に、Tmallの総売上高は80億人民元に過ぎなかった。5月から始まったB2C価格競争により、第2四半期には120億へと上昇した。

これは3Cプロダクト部門(コンピューター、通信、消費者家電)のためだと思われる。Tmallは今年前半にプロモーションを盛んに行ったが、この大部分が3Cプロダクトであった。Tmallにおける中国の電子機器グループHaier(海爾)の売上高は600%跳び上がり、台所用品を扱うFotileも230%上昇した。その上、6月18日の報告によるとラップトップの売り上げが600%、デスクトップが300%、タブレットは400%とそれぞれ急上昇している。人気が高い品目では、iPhone4Sを1台4499人民元(宣伝の通り、オンライン最安値)で2,000万台を売り上げ、5,000万台のiPad2を販売した。

Tmallのおかげで、多くの電化製品ブランドが新たな市場を見出している。同社は現在、国内およびLenovo、IBM、HP、Apple、Samsung、シャープなど海外の3C企業と提携している。

【via Technode】 @technodechina

----------[AD]----------