東南アジアのソーシャルメディアマーケティングにおけるトップブランドは? [インフォグラフィック]

SHARE:

【翻訳 by Conyac】【原文】

ブランドには、ソーシャルメディアマーケティングを正しく実践することが求められる。最も若くエンゲージメントの高い層への心や財布への近道であることが多いからだ。このマーケティング戦略には数字では表しきれない効果があるが、ここではTwitter、Facebook、Instagram、Youtubeの4大プラットフォームにおける、マレーシア、インドネシア、タイ、フィリピンで最も名の知れたブランドを示したインフォグラフィックを紹介しよう。

タイを拠点にするソーシャル分析会社ZocialIncのZocialRankシステムのデータを使って作ったインフォグラフィックだ。それによると、ソーシャルメディア上位ランキングのブランドが最も多い国はタイ(86ブランド)で、この地域で最も「いいね!」やフォロワーが多いブランドはバリを拠点とする衣料品小売業者のSurfer Girlだという。同社が掲げる「楽しいブランド」というコンセプトに負けていないようだ。優れたソーシャル能力をもつ企業もランクインしている。トップ10には国際展開するバイクメーカーのヤマハ、AirAsia、BlackBerry、ネスカフェ、スターバックスがランクインしている。

このような面白いインフォグラフィックをもっと見るには、インフォグラフィックシリーズのアーカイブをチェックしてほしい。

[出典: ZocialInc blog]

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録