蜷川実花氏のiPhoneカメラアプリ、ローンチ直後に大ヒットを記録

SHARE:

【原文】

日本最大の人材および地域広告会社の研究機関であるリクルート・メディア・テクノロジー・ラボは、先週、多くのフィルター効果を備えた iPhone カメラアプリをリリースした。名前は Cameranといい、特筆すべきは、リリースから3日間で50万ダウンロードを記録したことだ。日本、香港、台湾のアップストアの無料セクションではトップにランクインしている。

このカメラアプリは、花、金魚、風景に満ちた作品で知られる女性写真家で映画監督の蜷川実花氏の監修で開発された。23種類のフィルターを実装しており、ユーザは自ら撮影した写真に効果を加えることができる。

ソーシャルメディアやブログ界の反応を見てみると、Cameran は特に20代〜30代の女性に人気を得ているようで、彼女たちは蜷川氏の審美的なスタイルを愛する層のようだ。

以下のデモをチェックしてみよう。映像は、AppBank の手によるものだ。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------