日本の伝統的なギフトの贈り方を作り変える「GiftKitchen」

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】

アジアの他国と異なり、日本の結婚式の招待客は、掲載商品から贈り物を選べるギフトカタログを引き出物として受け取ることがある。日本のスタートアップが、新サービスGiftKitchenでこの伝統を変えようとしている。

結婚するカップルはまず、カタログ出版社が事前に選んだいくつもの商品が掲載されたカタログを選ぶ。そして、結婚式への参列者はそこから自分の好きなものを選んで、持って帰るというものだ。

Lemo.Incの小川氏は、自身の結婚式用に引き出物のカタログを検討している際に、この種のカタログギフトの欠点を感じた。受け取る人の好みに合わせてカスタマイズされたものではないため、カタログの中で気に入ったものが見つけられないのだ。

この従来型のカタログギフトを作り変えようと小川氏がつくったのがGiftKitchenだ。ギフトを贈る側が、幅広い種類の商品から個々の商品を選択でき、自分用のカタログをデザインできる。

結婚式用のギフトカタログだけではなく、GiftKitchenは他の場面での個人的な贈り物に利用することもできる。小川氏は、「贈り物をもらってがっかりするような現象を劇的に少なくする」ことが目的だと話す。受け取る側に満足してもらえないギフトを贈ることは無駄にさえなる。

Yahooで働いていた2人のエンジニアとデザイナーを有し、GiftKitchenは日本で急速に勢いを増している。ベータ版がリリースされて以来、メディアで大々的に取り上げられ、その素晴らしいコンセプトが評判を呼んでいる。

GiftKitchenのチームは現在、機能の開発と市場拡大に取り組んでいる。

シンガポールには、GiftKitchenと同様のコンセプトを提供するサービスのHappyboxがあり、そのギフトカタログはテーマで制限されている点が異なる。このサービスは以前、オンライン予約と割引コンセプトの統合を試みたスタートアップ、GastroCoutureによって提供されていたものだ。

【via e27】 @E27sg

----------[AD]----------