インドの99Labels、民族衣装用の新eコマースをローンチ

SHARE:

【翻訳 by Conyac】【原文】

インドのフラッシュセールサイト99Labelsが、今月新たに9Rasa.comをローンチした。同サイトは伝統的な衣装、宝石やホームデコレーションを専門とした、より従来型のeコマースだ。Fabのようにデザイナーがコレクションを取り揃えているショップとは異なり、同サイトではブランドにこだわらない選りすぐりの商品に焦点を置いている。

インド国内の買い物客だけではなく、オーストラリア、カナダ、香港、シンガポール、アラブ首長国連邦、イギリス、アメリカへの発送も行う予定だ。

99Labelsの共同創設者でCEOのIshita Swarup氏によると、同サイトはカタログによるオンライン小売業に近いため、フラッシュセールサイトよりも長く商品を販売することができるという。同氏は「配達サイクルも早く、受注から3~5日で発送しています」とニューデリーにあるオフィスから述べてくれた。

Ishita氏によると、サイトの伝統的な雰囲気を維持したまま、近くオーガニック食品や商品も9Rasaに登場する予定だ。また彼は、オンラインの「民族分野」にはライバルが存在しないと主張し、このようなインド製の伝統的商品は世界中で人気になるだろうと感じている。

「私たちは、Rajasthanの凝ったシルバーブレスレットやイヤリング、Punjabのゴージャスなphulkariドゥパッタ、Benarasの繊細に仕上げられたサリー、さらに多くのものをお客様に提供させて頂くため国内の隅々から選りすぐりのコレクションを元にし、慎重に情報を収集しました。」

私たちがIshita氏から最後に話を聞いたのは昨年12月、99Labelsがユーザ数100万人というマイルストーンを達成したときだった。同氏はユーザ数は順調に伸びていると述べている。

「サービスのユーザーベースは現在約15ラーク(150万人)で、その多くは99labelsのレギュラーなアクティブユーザです。実際、買い手ベースの7割がリピートしたメンバーです。」

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------