利用者10万人を誇る日本発のビジネスコミュニケーションアプリ「ChatWork」がいよいよアジアに進出

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】

日本には多くのChatWorkファンがいる。登録者10万人の多くは国内ユーザで、毎月1万人のペースで増え続けている。同アプリは、Zoho、京都大学、九愛病院といった企業や組織にも導入されている。また日本の通信業社KDDIと提携し、大規模企業向けのアプリ開発も行っている。

興味深いことに、最近シンガポールで催されたネットワーキングイベントで、日本企業の社員に話しかけたところ、彼らがChatWorkのユーザであることがわかった。実に世間は狭い。

もちろん、ビジネスコミュニケーションアプリは別段新しいものではない。ウェブ、iOSAndroid版があるChatWorkが、YammerAsanaとどう異なるのか? ChatWorkのマーケティング担当者である谷川周平氏の説明によると、Yammerはソーシャルネットワークであり、ChatWorkはソーシャルネットワークではない。純粋なコミュニケーションツールなのだという。

また、縦横両方向にコミュニケーションギャップを埋める手段として、Yammerは大規模組織に最適であるのに対し、ChatWorkは小規模チームと中小企業向けに構築されている。

同アプリはタスク管理、モバイル対応、ファイル管理などでAsanaと同様の機能を搭載している。しかし、Asanaはビジネス向けWhatsappのようなグループチャット機能を持たない。どちらもフリーミアムでサービスを提供しているが、ChatWorkはより料金が手頃のようである。

ChatWorkは10年以上もの間、中小企業向けにIT製品やサービスを提供してきた。これまで、外部の助けや資本なしにビジネスを始める「ブートストラッピング法」で持続可能なビジネスを築いてきた。ChatWorkを開発し、サービスを開始したのは2011年3月のことである。

ChatWorkはアジア地域へ進出するにあたり、シンガポールにオフィスを構えることを検討している。同社はまた、他のビジネス生産性アプリとの差異を大きくするために、スクリーンキャプチャ機能の搭載にも取り組んでいる。

【via SGEntrepreneurs】 @sgentrepreneurs

----------[AD]----------