Newton Circusの「Silverline」、高齢者フレンドリーなスマホでデジタル格差と環境対策を実現

SHARE:

【翻訳 by Conyac】【原文】

Silverlineは、シンガポールを拠点としたサステイナブル・ビジネスのインキュベーターNewton Circusによる新しいベンチャーで、スマートフォンを高齢者に広める構想の下でSingTelと提携した。

しかし、これは普通のスマートフォンではない。高齢者にとって便利なアプリがインストールされた工場再生の中古デバイスなのだ。

例えば、Connectは視力の弱い人向けの視覚フォーマットで連絡先一覧を表示する。Well Beingは、投薬時間や水分補給、運動時間を通知する。これらは使える様々なアプリのほんの一部だ。(全リストはウェブサイトにある。)

Silverlineが、SingTelと協力して電話を配布する方法は以下のようになる。

1. SingTelで契約更新をしてスマートフォンを購入する同社の顧客は、今まで使用していた機器を高齢者へ贈るオプションを提示される。

2. 対象顧客は、Silverlineとその提携企業による完全な費用負担のもと、福祉団体であるWilling HeartsとLion Befrienderから高齢者に電話を贈るオプションを選択できる。

3. または、近いうちに、知り合いの高齢者(両親や家族)を指定し、彼らの代わりにモバイルプランを支払うことができるようになる。Silverlineは、この事業を持続するため毎月の登録収益から利益を少し得る。

4. 高齢者が指定されたら、Silverlineによって工場再生されたスマートフォンが提供される。該当高齢者に対するモバイルプランの料金は、顧客の現存する月額モバイル使用料に追加されることになる。

Newton CircusのCEOであるDaryl Arnold氏によれば、この構想で同社がスマートフォンを利用しようと思ったのは、それらがまっさらな状態だからである。高齢者向けに最適化されたアプリと体験を作り出すことは、スマートフォン上では簡単だからだ。

「フィーチャーフォンは柔軟性と多用性に欠け、正直言って衰退中だ」と述べた。今のところ、このプログラムではiPhoneのみを寄付できる。近いうちにSamsung Galaxyの製品ラインや、iPadなどのタブレットにも拡張する予定だという。

同社は、この構想を実現するためパートナーの一団を引き連れてきた。上記で触れたパートナーに加え、Ogilvyがマーケティングのソリューション開発を支援し、BuUukは自社のアプリ開発と管理知識を提供し、SPW Enterpriseがスマートフォンの工場再生とデバイスの準備部分を担当している。

Silverlineは社会問題に取り組んでいる一方、環境問題を解決することも願う。

携帯電話業界は、顧客にわずか1、2年の間に古い電話を新しいものに交換させることで成り立っている。とんでもない無駄である。電子機器は廃棄されると有害化学物質が漏れることがある。

Silverlineは、高齢者に譲ることでこれらの古いスマートフォンに新しい賃貸寿命を与える。結果、スマートフォンは即ゴミ廃棄場行きにならず、高齢者はデジタル格差を埋めるチャンスも得られる。Angry Birdsで遊ぶこともできる。

ある高齢者が、Silverlineによってどのような恩恵を受けているのか下の動画で見てみよう。

【via SGEntrepreneurs】 @sgentrepreneurs

----------[AD]----------