中国産のスマートフォン、中国国内市場で60%のシェアを占める

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】

China-Mobile-Internet

ここ数年、中国企業はスマートフォンを着々と量産してきた。一方、NokiaLGといった世界的ブランドは、各地で市場シェアを失っている。調査会社Canalysによると、その結果2012年第3四半期の時点で、中国のスマートフォン市場では中国ブランドが60%を占めている。

調査会社の調べによると、スマートフォンブランドトップ5社はSamsungLenovo、CoolPad、Huawei(華為)ZTE(中興)だ。Samsungは韓国企業だがその他はもちろん国内ブランドである。

この動向がこのまま続くのか、誰もが推し量りかねる。Lenovoの最近の活躍ぶりは中国勢の独占市場の兆しであり、近頃同社のモバイル部門は順調だ。一方ZTEは人員と資金の流出に歯止めがきかず、モバイル部門の削減(事実上破産)が待ちうけている模様だ。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------