ビデオ共有アプリが2012年最大の期待はずれだった6つの理由

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】

social-video-sharing-apps

昨年のこの時期、私はビデオ共有アプリを作っているスタートアップについて熱弁をふるい、夢中になっていた。このようなベンチャーを2011年最も顕著な中国のスタートアップとして挙げ、中国発ソーシャルビデオアプリ10のリストを作成した。アメリカには、SocialCamやViddy等がある。

しかし、私は間違っていた。

Twitter[1]とWeibo(微博)で合計1,500以上フォローしているが、誰も自分のショートビデオクリップを投稿していない。自分は3つビデオを作成した。しかし、ソーシャルで共有した数百枚の写真の数とは比べ物にならない。

それでは一体何が悪かったのか?期待はずれのソーシャルビデオの6つの理由を語る前に、中国とそれ以外の国で私が昨年注目した「傑出した」ビデオアプリが的外れとなったのかを説明する価値があるだろう。

そう、iShehui(愛撮匯)はアーリーステージでCyberAgent Venturesから150万米ドルを獲得したにも関わらず、数ヶ月前にこの部門を諦め、今はクラウドファイルバックアップサービスを提供している。最近お手上げ状態で「いやぁ、ビデオ版Instagramなんて全てが戯言だった。」と言っているアメリカのBusinessInsider(ヘッドラインに全て大文字は使えないというすごい制限)と同じくらい悲惨な状況だ。

実際、ViddyはシリーズBの資金調達で3億7000万米ドルの価値があるとされていたが、現在はユーザ数がたったの66万人しかいない。地元のヌードルショップだってもっと人が来ていると思う。

中国、そして一般的にビデオアプリが前進しない理由はこうだ:

時間の束縛

友達が写真を共有したら、目と脳がすぐにその画像に費やす時間とエネルギーを判断する。おそらく1秒ほどチラッと見るだけだったり、じっくり眺めて「いいね」を押したりコメントを書いたりするだろう。しかし、ビデオコンテンツは時間がかかるし、期待はずれである確率が高い。

ビデオプレイヤーウィンドウのプレビュー画像(大抵ぼやけていたり不明瞭だったりする)から、それを見るのに10秒または3分など時間をかける価値があるか、見る価値があるか決めなければならない。

大抵は見るほどの価値はない。ソーシャルビデオの98%は期待はずれなので、作る人や見る人がいるのが不思議な位だ。今年最もバイラル効果のあったビデオのひとつは、「誰もそんなの見たくない(Ain’t nobody got time fo dat.)」であった。

またSocialcamのホームページを見れば、ほとんどのビデオは見る時間も興味もないものだが、ゾンビの黙示録でダイエット中のゾンビが小さな脳味噌しか食べられないといった、馬鹿馬鹿しいものなら見たいと思わせるかもしれない。

フォトアプリの方が楽しみやすく、見返りもある

最初のポイントでふれたように、写真の方が感情的な見返りが期待できる。しかも、人の時間を奪ったりはしない。GIFのローディングには時間がかかるし、つまらなかったり期待はずれだったりする。ぼやけた写真はありがたいことに無視しやすい。

注目力のなさ

ソーシャルビデオはガッカリさせられることが多く、見たいとも思わせない。スマートフォンで作成されたバイラル効果があるビデオはYouTubeで目にするだろう。中国のウェブユーザも同様に中国最大のYouTube風のサイトYouku(優酷)を見ている。

バグの多いアプリ

中国版iSheHuiアプリを試した時はクラッシュが多く、時間はかかったが改善されていった。Weiku(微酷)やYiXia(拍客)も同様である。Weipai(微拍)もそうだ。YiXiaがv3.0までアップデートされているのに気づいたが、Pathのような背景画像を自分のプロフィールページ用にアップロードしようとするとできない。

Weipaiを最初に試した時、ビデオのアップロードすらできなかった、それ以外に何の用途があるというのか。スタートアップビデオアプリは全て見切り発車であり、「おめでとう、『ビデオ版Instagram』になれましたね。設立者は億万長者です」という締めくくりの言葉でも妄想していたかのようだ。しかし現実的には人々はこの不完全で著しく中途半端なアプリを消去し、二度と使おうと思わなかった。

ビデオ埋め込みができない

TwitterもSina Weibo(新浪微博)もアプリやウェブページに埋め込む小さなビデオサービスサポートをしておらず、ソーシャルサービスであるにもかかわらずソーシャル面で厳しい制約をしている。SocialcamやWeikuのビデオをTwitterやWeiboで共有するには、クリックして他のサイトに入らなければならない。

3Gを使い果たす

特に中国では3Gデータプランは悲惨なもので、eメールやブラウジングなど基本的なことを含めて毎月300MBしか使えない。iShehuiのようなサイトはまず優れたデータ圧縮方法により3Gデータプランには影響が少ないと約束したが、これに納得した人は少なかった。

今年スマートフォンビデオアプリをいくつ共有しただろうか?コメント欄で知らせてほしい。

1. Twitterに関してはステルス静止モードビデオ共有サービスのVineを買収したが、まだローンチには至っていない。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------