女性のオンラインショッピングは男性と比べてどう違うのか? Female Dailyの見解

SHARE:

【翻訳 by Conyac】【原文】

女性は男性と同じようにオンラインショッピングに貪欲だ。男性が優勢なインドネシアのテック業界でもそれは当てはまるのだろうか?インドネシアの女性コミュニティサイトFemail Daily NetworkのHanifa Ambadar氏、Affi Assegaf氏、Novita Imelda氏が女性ユーザに関する見解を語ってくれた。これで女性をさらに理解することができるだろう。

彼女らによると、インドネシアのインターネットユーザの30%が女性であるという。だがeコマースでは、Affiによると、男性よりも女性の方がより多くのお金を使っているので、オンラインショッピングは有望な市場だ。Hanifaは女性利用者に関するデータをさらにシェアしてくれた。

「私たちが調査した女性の52.3%が、毎月500万~2000万インドネシアルピア(522~2,087米ドル)の収入を得ています。そのうち64.6%がクレジットカードを保有し、収入のおよそ13.19%を買い物に使っています。」

女性はオンラインで何を買っているのか?服、バッグ、化粧品など様々なファッションアイテム、もしくは子供のためのものなど、いろいろだ。女性はこうした商品にお金を使うことをためらったりしない。Female Dailyでは今でも、1億インドネシアルピア(10,400米ドル)もするような輸入ブランドのバッグが、まるでホットケーキを買うような感覚で買われているのだから。

女性のオンラインショッピング傾向

では女性はオンラインで買うものをどうやって決めているのか?同調査から、インドネシア女性の70%がオフライン/オンラインの両方で友人のファッションに影響を受けている。これは、化粧品などの美容アイテムには特に当てはまる。美容アイテムに関しては、女性は消費者の体験談やオススメに頼りがちだ。なぜなら、美容商品は女性の肌タイプに依存するかなりデリケートな商品だからだ。Female Dailyの女性の多くは、サイトのフォーラムで質問したり感想を述べたりして情報を交換している。

興味深いことに、Hanifaによると、事前予約システムがC2CマーケットプレイスのMarketPlazaで大人気だという。このシステムは、まだインドネシアで発売していないガジェット用のKaskus事前予約システムと同様で、女性が事前予約するのは最新の化粧品などの美容アイテムである。

女性とガジェット

では、女性は最新ガジェットの話を面白いと思うだろうかと聞いてみたら、Affiは、面白いとは思うけど違った意味で、だという。男性はガジェットの仕様や機能に注目するが、女性はもっと見た目や使い勝手、子ども用のゲームなどに関心を寄せる。Samsung Galaxy NoteのスレッドをFemale Dairyのフォーラムで見てみると、実際にユーザのコメントはGalaxy Noteのデザインやピンクの色が可愛いというものばかりであった。

Novitaによると、多くの家電メーカーが女性に焦点を絞っており、ファッションセンスをガジェットに採り入れる方向だという。彼女らは、Clozette Dailyがローンチした際にAcerがファッションショーを開き、ランウェイモデルがラップトップをファッションアイテムとして取り入れていたことを例に挙げた。

インドネシアで女性テック起業家を見る機会はそう多くない。しかし男性中心のeコマーススタートアップは、女性客を取り込むため、女性ともっと協力した方がいいかもしれない。何と言っても購買力を持っているのは女性だから。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------