旅行検索エンジンWegoがトラベルサイト5社と提携し「Holiday Rentals」をローンチ

SHARE:

【翻訳 by Conyac】【原文】

旅行検索エンジンWegoは、複数のオンライン旅行サイトとの提携を発表し、「Holiday Rentals」という最新の宿泊予約機能を公開した。この新機能では、ホテルではなく個人宅やビーチハウス、ファームステイ、ヴィラ、ハウスボート、さらにはお城などでの宿泊の予約が可能だ。

シンガポールを拠点とするWegoのCEOであるRoss Veitch氏は次のように説明した。

「世界をリードするオンライン旅行サイトとの提携により、Wegoでの宿泊施設の選択肢は極めて豊富になりました。予算や好み、旅行スタイルにも対応可能です」。

Holiday Rentalsでは世界15,000都市で40万件もの宿泊先を提供している。Wegoはこの新機能のため、5つのトラベルサイトと提携した。提携先はシンガポール拠点のTravelMob、香港拠点のTheVillaGuide、オーストラリア拠点のStayz.com.au、アメリカ拠点のHomeAway.comFlipKey.comだ。Holiday Rentalsの機能はこちらでチェックできる。

これは今週に入ってから3つ目のWegoニュースだ。(原文掲載11月28日)Wegoのインドネシアチームはソーシャルメディア系のEye for Travel Awards Asiaを先週受賞した。同サイトはインドネシアのブログ広告ネットワークIdblognetworkと今月初めに提携している。

TravelMobのCEOであるTurochas Fuad氏はWegoとの提携についてこうコメントした。

「Wegoとの提携とHoliday Rentalsのローンチに関わることができて光栄です。ハロン湾の伝統的なボートハウスから、台北のボヘミアンスタイルスタジオ、バリの崖上ヴィラなど、ユニークで手頃な値段の宿泊オプションがアジア太平洋地域全体で提供できます。Travelmobは素晴らしい経験と地元のおもてなしを追求し、増え続けている旅行者たちのニーズにお応えします」。

関連して、TravelMobは最近の100万米ドルシード資金ラウンドに関わったその他のVCが、シリコンバレーのベンチャーキャピタル会社Accel Partnersであったことを明かした。9月のラウンドはJungle Venturesによるものであったが、とりあえずご参考までに。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia