SXSW2013に韓国スタートアップ7社が集結、11日夜にGeeks from Gangnamを開催

SHARE:

【原文】

s21

3月8日〜14日、アメリカ・テキサス州のオースティンで開催されている South by South West (SXSW) に、銀行青年創業財団(은행권청년창업재단、理事長:バク・ビョンウォン=박병원)が率いて、韓国から有望スタートアップ7社が参加する。

SXSW は、音楽・映画・ゲームなど、あらゆる文化コンテンツとICT産業を網羅する、世界最大のクリエイティブ・ビジネス・フェスティバルだ。毎年、世界各地から30万人が参加し、Twitter、Foursquare、Pinterest のようなグローバルスタートアップが、ここからスターダムの上り詰めた。SXSWの年間経済波及効果は1億9000万ドル(約182億円、2012年基準)に上る。

銀行青年創業財団は、昨年11月にSXSWの韓国館の参加をサポートするスタートアップを募集した。101社が応募し、書類審査と英語プレゼンテーション、面接審査などを通じ、最終的に7つのスタートアップを選定した。選定基準は、創造性、製品の完成度、世界市場での成功の可能性。SXSW の最終参加者は以下の通りだ。

s3

Flitto のイ・ジョンス(이정수)代表は、アメリカの世界的インキュベーター TechStars をはじめ、ニューヨークの有力投資会社などとすでに7件のミーティングを済ませ、「今回のSXSW参加で世界市場への進出と資金調達に自信を持った」と語った。

これらに加え、韓国スタートアップ「2GWorks」が参加、最近リリースしたサービス「Jack Planet」の展示ブースを設置しPRに努める予定だ。

一方、今回のツアーを引率する銀行青年創業財団は、オースティンの現地で、世界各国のクリエイティブ・ビジネスの関係者を招き、パーティー「Geeks from Gangnam」を開催する。今回のパーティーには、韓国のインディーズバンド「ギャラクシーエクスプレス(갤럭시익스프레스)」と「グナムグァヨライディングステラ(구남과여라이딩스텔라)」が参加、グローバルなネットワーキングのために、活気のある雰囲気を演出する予定だ。スタートアップ7社も参加し、韓国のスタートアップ熱を伝え、世界進出の機会を模索する。現時点で、イベント情報の公開から4日間で2,000人あまりが参加のサインアップをしており熱気にあふれている。

s4
Geeks from Gangnam のフライヤー。(クリックで拡大)

銀行青年創業財団でアントレナーシップ・センター長を務めるイ・ナリ(이나리)氏は次のように述べている。

「クリエイティブ経済のエネルギーの源は、創造力あふれるアイデア、国際感覚、それに新しいテクノロジーを持つ若者による起業だ。今回のプロジェクトが、そのような動きを活性化させ、参加したスタートアップの海外進出につながることを期待したい。」

3月27日、銀行青年創業財団は、ソウル・ヨクサンドン(駅三洞)のアントレナーシップ・センター(仮称)の開館式で、SXSW の参加報告会を行う予定だ。

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

----------[AD]----------