家族や親族の結婚圧力から逃れるために、Taobao(淘宝)でニセ彼氏をレンタルしよう

SHARE:

もうすぐ春節。中国の若い世代の人たちにとって春節とは、大抵の場合、故郷に帰って家族・親戚に会い、まるまる2週間をそこで過ごすということだ。家族や親戚は、いつ結婚するのかとか、恋人がいないならお見合いをさせようとして、しつこく干渉してくる。

こうしたことにうんざりしている人のなかには、家族のそんな干渉から逃れるために、偽の恋人を実際にレンタルする人もいる。偽の彼氏や彼女をレンタルするにはもちろん、Taobao(淘宝)だ!Taobaoで何でも本当に見つけられるようだ。

boyfriend-girlfriend-taobao

レンタル料金は、誰をレンタルするか、その人に何をして欲しいかによって、大きく異なる。例えば、ホリデー中にこの男性と一緒に帰省して欲しいなら、1日の料金は800元(126米ドル)。だが、中国南部への帰省なら10%のディスカウントがある。この男性の説明によると、レンタル期間中はどんなことでもしてくれるそうだ。

例えば、荷物を運んだり、両親と話をしたり、そして(状況にもよるが)親の足も洗ってくれるそうだ。依頼人の家族とお酒を飲むのには追加料金がいる。そして、手を握る以上の恋愛ごっこは期待してはいけない。完全にルール違反だからだ。

この件に関して、私たちはTaobaoの親会社Alibaba(阿里巴巴)に連絡を取ったが、こういう行為がTaobaoの運営方針のなかで許可されているかどうかについては同社は公でのコメントを拒否した。

実際のところ、こういう行為は確実に容認されているように見える。というのも、同サイトでは、故郷に連れて帰るレンタルの彼氏を簡単に見つけることができるからだ。彼女のレンタルは彼氏のレンタルよりもかなり少なく ——それでも、見つけることは可能——、また「彼女のレンタル」で検索すれば、「関連法に従い、検索結果を表示できません」というエラーメッセージが表示されるが、その他多くの類似検索を行えば検索結果を得ることができる。

春節が近づくなか、こういうサービスを利用したい人のほとんどが偽の恋人をすでに予約したようだ。だが、自分自身を貸すことに興味がある人は、来年の春節まで丸1年あるので、来年に向けて自分のTaobaoページを準備すればいいだろう。

でも、彼氏や彼女のレンタルを専門にしたプラットフォームを提供する中国のスタートアップが現れるまでどのくらいかかるだろう?(もちろん、中国には、Jiayuan(佳縁)やMomo(陌陌)など、従来型の出会い系サービスもたくさんある。)

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】