SearchMan柴田尚樹氏が語る、最先端のアプリSEOテクニック #bdash

by Rick Martin Rick Martin on 2013.4.23

IMG_8559本稿は、B Dash Camp 2013 in 福岡の取材の一部だ。

B Dash Camp 2012 in 福岡の2日目、我々は、AppStore SEOツール SearchMan の共同創業者・柴田尚樹氏の話を聞くことができた。彼によれば、ユーザはアプリを探す際、名前やブランドでアプリではなく、もっぱら機能で探すのだそうだ。そのため、アプリの名前に重要なキーワードが含まれていれば、ダウンロードしてもらいやすいことになる。しかし、名前が長く過ぎると、ユーザはその名前の一部のみを目にすることになるので、気をつける必要がある。

AppStore には、アプリ名最大100文字の制限があり、それを最大限に活用しなければならないと柴田氏は述べた。同様に、アプリの説明についても注意が必要だ。説明はアプリのスクリーンショットの下に表示され、極めて重要な場所である。

柴田氏によれば、AppStore と Google Play のランキング条件については、どちらのストアもリレーション、キーワード、ユーザ・レビュー、アプリの説明、(レビューや売れ行きを加味した)アプリスコアによるとのことだ。

柴田氏は、これらの問題を解決する手段として、彼が提供する SearchMan のビデオデモを見せてくれた。

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------