クレジットカードの持ち運びが不要、指紋で支払が済ませられるPayTango

by TechOrange TechOrange on 2013.4.22

8477734222_258161ffbe
CC BY-ND 2.0 via Flickr by CPOA

ファッションの流行を追いかけ、洋服をすべて身体の大きさよりも1号分小さいものを着用し、全身にフィットさせれば、セクシーにはなるだろう。しかし、あまりに窮屈だと、財布を入れる場所も無くなってしまう。

スマートフォンはスリムな上に電子財布の機能を持ちつつあるが、指紋で支払を済ませることができれば、よりセクシーではないだろうか。

これを実現しようとするのは、4人で共同創業された PayTango だ。もともとは、クレジットカード、ポイントカード、会員カードなどを一つのプラスティック・カードに統一することを考えていたが、同じ学校でドア開解錠などにジェスチャー認識技術を使う別のチームに出会い、「そもそもプラスティック・カードが必要なのか」と考えるに至った。

カーネギーメロン大学の4人の学生は昨年あるハッカソンに参加し、指紋を記録するスキャナを開発し、クレジットカードの代わりに指紋で支払が完了するしくみを実現した。

PayTango はカーネギーメロン大学内のレストランでサービスを開始し、サンフランシスコのジムやスポーツクラブに進出、2013 年の Y Combinator の冬のプログラムに参加した。

バイオメトリック・データで支払をするアイデアは、PayTango が初めてではない。多くの小売業者やクレジット・カード会社は、いくつかの市場で長年にわたりテストを行って来た。PayTango は直感的な操作をユーザに提供し、大学のキャンパスやフィットネス・クラブという特定市場での利用促進を目標に掲げることで、他の競合との差別化を図っている。

PayTango は Y Combinator からのみ資金を調達しており、まもなく、公開資金調達の第1ラウンドを開始する見込みだ。

(出典:Mashable

【via TechOrange】 @TechOrange

【原文】


著者紹介:林子雲(リン・ジーユン)

ビジネススクールを卒業。ミュージシャンで、量産ビジネス、ビジネストレンド、デジタルテクノロジーに関心がある。オンラインの世界は無限に飛ぶことのできる觔斗雲のようで、より多くの新しい産業を生み出すことができるだろう。觔斗雲に乗らないのかい?

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------