インドでスマートフォンの7台中1台にインストールされる人気電話帳アプリ「Truecaller」、次は日本とインドネシアを狙う

by Tech in Asia Tech in Asia on 2013.4.30

truecaller-thumb-315x315スウェーデンに拠点を置くクラウドソーシング電話帳アプリのTruecallerは先日、毎月の電話番号・名前検索処理件数が約5億件となったと発表した。

同社についての記事を先月掲載したばかりだが、それから70%の伸びを見せている。それ以来、ユーザも200万人増加しており、新規ユーザの半数はインドからのものだ。マーケティングマネージャーのKim Fai Kok氏は同アプリがアジアでいかに順調かを示すデータを見せてくれた。

アジアにおいて、Truecallerのユーザが最も多い国は依然としてインドで、毎月の検索数でもトップに位置している。先月だけでもインドのユーザは100万人以上増加した。今やインドのスマートフォンユーザの7人に1人がTruecallerを利用している。

Truecallerがアジアで人気があることは間違いない。電話番号問合せの50%近くがアジア人によるものだ(この数字には同サービスの中東のユーザは含まれていない。中東も厳密にはアジアなのだが)。

同社は今や、進出可能なアジアの市場に目を向けていて、日本とインドネシアはそのリストの上位に上がっている。というのも、「スマートフォンの普及率が高く、市場が成熟しているからだ」とKim氏。個人的には、インドネシアに進出するという同社の選択は良いと思う。インドネシアは今後注目するべき市場の1つだからだ。

1か月で検索が2億件も増えていることは大きな実績で、同社のすべてが順調にいっているようだ。Truecallerが日本とインドネシアにさらに深く足を踏み入れた時に、さらに話が聞けることを楽しみにしておこう。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------