ワイヤレスにヘルスケア機器と接続し、個人がモバイルで健康データを管理するアプリ「HEALTHPLAYER」

by Junya Mori Junya Mori on 2013.5.30

healthcare

デバイスの発達により、これまでは計測できていなかった様々な身体データが計測可能となり、その個人の健康情報の管理「PHR(Personal Health Record)」の有用性が注目されるようになってきていた。個人用ヘルスケア機器にも、Bluetoothを備えたものが普及したことにより、自分の健康情報の可視化、管理の実現性が高まっている。

そんな中、ワイヤレスヘルスケア事業を手掛ける、日本のプラクテックスは、5月28日から個人がスマートフォンで健康データを管理できるヘルスケアアプリ「HEALTHPLAYER」のAndroid版を提供を開始した。同アプリの利用は無料。

health ui

「HEALTHPLAYER」は、個人の健康情報にフォーカスしてサービスを提供している。各種健康情報(ヘルスケアデータ)の記録を可能としており、アプリ内蔵機能を使ってスマ−トフォンだけで自動的に消費カロリーと歩数を記録、ヘルスケア機器または手入力により体脂肪率・基礎体温・生理日・血圧・脈拍数等といったデータを記録できるようになっている。

各メーカーのヘルスケア機器に対応しており、FeliCaやBluetoothでのデータ転送が可能となっており、対応ヘルスケア機器はまだ限られているが、今後拡張していく予定だという。

同社は6月下旬以降にiPhone版アプリのリリースを予定している。iOS、Androidの両プラットフォームへの対応の後、ヘルスケア関連ビジネスのプラットフォームを目指して、機能を拡充していくという。具体的には、ユーザのヘルスケアデータに応じたコンテンツのレコメンド・配信や、健康維持のための活動を楽しく継続するための報奨システム・ソーシャルコンテンツの提供等を行なっていく。

医療、ヘルスケア領域におけるICT化が進み、アジアにまで目を広げてみると、シンガポールの健康管理プラットフォーム「DocDoc」、医者が予約できるオンラインプラットフォーム「DoctorPage」、信頼できる医師とユーザを結びつける健康医療系オンラインコミュニティ「CompareClinic」、シンガポールの高齢者の健康管理と安全に特化したヘルスケアアプリ「Silverline」、ユーザの交流を通じてアジアにおけるヘルスケアの改善を目指す「MeetDoctor」、医師にリアルタイムで相談できるインドネシアのアプリ「Dokter Gratis」など、健康や医療という市場に取り組むスタートアップは数多く誕生している。

ウェアラブルデバイスやデータの収集・活用への注目が集まる中で、この領域には着目していきたい。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------