投稿数は3倍、売上は2倍ーー成長する語学添削ソーシャルネットワークLang-8が狙うのは「スマホ」と「世界」 #on_lab

by Takeshi Hirano Takeshi Hirano on 2013.5.14

20130514-182700.jpg

言語圏の違うユーザー同士がお互いに言語を添削しあえるソーシャルネットワークLang-8は5月14日、OpenNetworkLab DemoDay Spring 2013 の壇上で、3カ月に渡るアクセラレーションの成果を発表した。

京都大学の学生ベンチャーが2007年に創業した手作りのサービスは、新しいチーム、新しいデザインを纏い、次への展開をみれるまでに成長していた。

ユーザー数は現在約60万人、217の国で利用されていて、アクセスの7割が日本以外の海外。OpenNetworkLab(ONL)に入るまでも月間で15,000人ほどの会員登録があったそうだが横ばい。次の成長を求めたLang-8代表取締役の喜洋洋氏が決断したのは、拠点となる京都を捨てて、東京に出てくることだった。

2013年1月に開始された第6期OpenNetworkLabのプログラムに応募、約100組のチームから選出された3枠に滑り込んだ。

ここからの展開は早い。チームに元クックパッドエンジニアの佐々木達也氏が参加し、さらにデザイナーも加えて三人のチームとなったことで、大きく成長するきっかけを掴んだ。

「しぶとくあきらめずにやってきた」という言葉にあらわれていたように思うが、このアクセラレーションプログラム期間中、ずっとPC版の改善を実施してきたそうだ。結果、投稿数は改善前の3倍、50%台だった英語の添削率は90%に改善、有料会員数、売上はONLに入る前の2倍に増加した。

しかし創業から6年も経過しているLang-8にとって、求められるのはさらなる成長だ。代表取締役の喜洋洋氏が挙げたのは「スマホアプリ対応」だ。

「PC版でキャッシュフローが改善されてスマホアプリを攻める準備ができた。CGM型の言語学習サービスでスマホに集中しているサービスはまだない。ここを攻めて、世界を穫りたい」(喜氏)。

ビジネスモデルについては、これまでの広告、有料会員に加えて、有料添削や、添削チューターをマッチングして手数料を取るモデルなどを検討しているとした。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------