モバイル決済のパイオニア「Square」が日本に上陸、リリースイベントにJack Dorsey氏も登場

SHARE:

square japan

本日の午後、モバイルのクレジット決済サービス「Square」が日本版サイトをオープンし、日本でサービスを開始した。

日本版ローンチに合わせ、本日Squareのパーティが表参道の「246 common」で開催された。同イベントには多くの人が詰めかけ、開始前から長蛇の列ができていた。

_MG_8323

_MG_8327

Squareは、これまで紹介してきた他のモバイル決済サービスと同様に、スマホやタブレットのイヤホンジャックに、切手サイズの正方形の読み取り端末「Squareリーダー」というを差し込み、アプリをダウンロードするだけで利用できる。

端末とアプリは無料で利用でき、Squareは、手数料から収益を得る。パーティ会場には多数の店舗が出店しており、どの店舗もレジ周りにはSquareを備えていた。今回、会場にいた店舗たちはSquareの上陸に合わせ、同サービスを利用していくそうだ。

_MG_8330

_MG_8340

Squareがこれまで活動していた北米では、300万を超える中小企業などが同サービスを利用しているという。スターバックスのような大手企業でも、レジ周辺にSquareを導入しており、同サービスを利用してのクレジットカード決済の取引高は、年で150億ドルに達している。

_MG_8333

パーティには、Twitter創業者でもあり、Squareの創業者でもあるJack Dorsey氏も出席。日本への進出に際し、コメントを述べた。Squareが北米以外に進出するのは日本が初めて。Squareは日本でのパートナーとして三井住友カードと提携している。

日本でどのように展開していくのかについては、今後情報をオープンにしていくとのことだ。情報があり次第、またお伝えしていく。

----------[AD]----------