ビッグデータのスタートアップ、 Hapyrus が日米の著名投資家から約9000万円を資金調達

SHARE:

hapyrus_logo※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

シリコンバレーを拠点としたビッグデータのスタートアップHapyrusは、日本とアメリカの複数の投資家から先週925,000ドル(約9000万円)を資金調達したことを発表した。

これは2011年の11月にCyberAgent(サイバーエージェント)が実施したシードファンディングラウンドに続く出資となる。今回の出資者は以下の通りだ。

同スタートアップは、日本人の起業家藤川幸一氏によって2011年の3月にローンチされた。彼はそれより前、Yahoo! JAPANと、日本の位置情報の広告プラットフォーム、シリウステクノロジー(2010年にYahoo! JAPANによって買収された)。Ruby DSLのスクリプトによるHadoopのミドルウェアプロジェクトで、彼は情報処理推進機構の「未踏 IT 人材発掘・育成事業」に採択された。

slide1

同スタートアップは今年4月に、ペタバイトサイズにスケールさせることができるデータウェアハウスサービスAmazon Redshiftに自動でデータをアップロードし、移動させるFlyData for Amazon Redshiftと呼ばれるサービス、ローンチした。

開発者にとって、このサービスはサーバー上のログファイルをコントロールし、Amazon S3とAmazon Redshift クラスタに5分ごとに一度送るようにする。このサービスにより
クラウドでほぼリアルタイムなビッグデータ解析を管理することが容易になる。彼らはFlyData for Herokuと呼ばれるもう一つのサービスを持っており、これはHeroku to Amazon EC3のログデータを自動でアップロードできるサービスだ。

関連して述べるなら、Treasure Dataという別の、ビッグデータソリューションにフォーカスしている日本のスタートアップも、Yahoo!ファウンダーのJerry Yang氏、Rubyの開発者である松本行弘氏らから、2012年に275万ドルのエンジェル投資を受けている

----------[AD]----------