イスラエルの医療系スタートアップEon Surgicalが、米グローバル企業Teleflexに買収

SHARE:

ESイスラエルのレイトステージ・スタートアップEon Surgical Ltd(低侵襲細径腹腔鏡手術のプラットフォームテクノロジーを推進した)が、集中治療と手術のための医療機器を提供するアメリカのグローバル企業大手Teleflex Inc(NYSE: TFX)によって買収された。

この買収は、シンガポールを拠点に世界的な活動を行うスーパーエンジェル投資企業Rutledge Vine Capital(RVC)にとって、イスラエルにおける最初の売却となった。Eon Surgicalへの主要な投資家のなかには、イスラエルのバイオメディカルスタートアップのアクセラレーターとして成功しているRAD BioMedも含まれている。

細径腹腔鏡とは、外科医が手術のテクニックを大きく変えることなく低侵襲の手術を行うことができるものだ。Eon Surgicalのテクノロジーは、外科医が大きな切開口を施したり、それに伴うリスクを高めたりすることなく、手術痕の小さい手術を行う能力を高めるためにデザインされている。

RVC最高投資責任者のPatrick De Silva氏は、以下のようにコメントしている。

「私たちが投資を決めたのは、切開口が最小限で痛みも低く早期の回復が期待される低侵襲手術のメリットを理解したからです」

RVCは、Eon Surgical以外にも、イスラエルのメディカルテクノロジー企業3社に出資を行っており、IT業界にも積極的な投資をしている。同社のIT関連企業のポートフォリオには、Tawkon、Getonic、Carambolaのイスラエル企業3社が名を連ねており、同3社は最近、好調なトラクションとメディア業界の注目を集めている。

RVC社は、イスラエル、インド亜大陸、そしてその他の東南アジア地域でのネットワークを確立し、シードステージの投資を早期に行うとともに、アジア全土およびアジア地域を超えてサービスを拡大しようとするスタートアップ間の重要なパートナーシップのシナジー効果を示すための戦略的な立場にあると確信している。RVC社のアジア地域での活動は、同社の投資部門GITPx Investmentsを通じて行っている。

【via Technode】 @technodechina

【原文】