アニメ・クラウドファンディングのAnipipoが、バンコクで開催されたピッチバトルで優勝

SHARE:
anipipo_khunSeuk-samurai
写真提供:Software Park Thailand เอื้อเฟื้อภาพ: ซอฟต์แวร์พาร์ค

アニメ関連プロジェクトのクラウドファンディング・サイト Anipipo が、バンコクで開催された Khun Seuk vs. Samurai ピッチバトルで優勝した。Anipipo CEO の平皓瑛(ひろあき)氏が優勝の背景について語ってくれた。(編注:Khun Seuk vs. Samurai の昨年の模様は、こちらから。)

先月、Anipipo がタイのユーザにリーチすべく、当地のアニメ専門テレビ局 Cartoon Club と提携したことを取り上げた。

平皓瑛氏、Vincent Sethiwan 氏、Permsiri “Sam” Tiyavutiroj 氏の3人によって設立された Anipipo は、タイと日本の文化の両方を兼ね備えた、ハイブリッドのスタートアップと言ってよいだろう。〝微笑みの国〟にいる Vincent と Sam はバンコクのコワーキング・スペース Launchpad を拠点に活動し、一方、日本を拠点とする平氏は数ヶ月に一度バンコクを訪問している。(関連記事

月曜日、Anipipo は他の6つのスタートアップ(タイから5チーム、日本から1チーム)と共に、ピッチイベント Khun Seuk vs. Samurai の第2回に参加した。他の参加チームは、Noonswoon(関連記事)、AppDriver、AttackPrice、Ubiversity、SiamSquard、Mega Genius だ。

あわせて参照されたい:ゲームアプリの攻略動画が10億本を突破、「Kamcord」はゲーム開発者必須のマーケティングツール

タイの政府組織である Software Park と、日本のテック・インキュベータ Samurai Incubate が共催するこのイベントでは、両国からのスタートアップが顔を合わせ、経験豊かな審査員パネルと150人の聴衆の前でピッチした。

Anipipo

平氏と2人の共同創業者は2日前にシンガポールで落ち合い、この際、私は彼らと直接話をする機会を得た。現在、同社は資金調達中で、特に日本のベンチャーキャピタリストと話を進めているのだそうだ。

日本のVCは、アニメ業界のことをよく知っている。Y-Combinator のようなVCから資金調達しようとしているところだ。お金はあまり大きな問題ではなく、VCには、100万ドル未満の資金と人脈を提供してほしいと思っている。

これまでに、Anipipo では6つのクラウドファンディング・プロジェクトを扱っている。プロジェクトの多くはアニメ学部に籍を置く大学教授など、平氏の個人的なつながりによるものだが、うち2つについてはタイのアニメーターから投稿されたプロジェクトだと教えてくれた。日本文化やアニメ文化が、バンコクで流行していることの現れだ。週末になると、バンコクのショッピング・モール MBK では、多くの学生が集まり日本の音楽に合わせてダンスしているし、日本をテーマにしたショッピング・モール Gateway Ekamai に行けば、彼らはコスプレイベントに参加している。

あわせて参照されたい:2,100万人のユーザを擁する日本の Facebook、営業担当者を増強

プロジェクトの投稿数から見て、Anipipo の立ち上がりはゆっくりとしたものだが(これまでのところ、成立したプロジェクトは1件のみ)、平氏は、クラウドソース(訳注:クラウドファンディングの誤り? 原文はクラウドソース)されるプロジェクトの資金調達合計額を、6,000万円まで持って行きたいと教えてくれた。2013年5月のローンチ以降、現時点での資金調達合計額は680万円だ。

やりたいことがあるなら、今すぐやるべき

平氏によれば、現在のゴールを見据える上で Anipipo のチームには適切な人員が揃っている。たとえ人々が価値を見出さなくても、人々が知るべきことに対しては、Anipipo は取り組むようにしている。多くの人はテレビの前でマンガを見て楽しむわけだが、その向こうには、アニメを作る人間やアニメーターがいることを、我々はしばしば忘れてしまっている。アニメ業界は勢いを失いつつあるが、そのことを誰も気に留めようとしない。

若くて野心溢れる起業家が、自らのパッションに従って何かをしたいのなら、それに向かって進み着手すべきだ、と平氏は語る。

やりたいことがあるなら、今すぐやるべきだ。自分で行動せずに、知見を得ることなどできない。人は、スタートアップについては成功ばかりを考えるが、実際には失敗し、その失敗の先に成功がある。失敗しなければ、何も学ぶことはできない。いつまでたっても、準備万端になることなどないのだから。

【via e27】 @E27sg

【原文】

----------[AD]----------