米ソーシャルコマースサービス「Fab」に伊藤忠商事が500万ドルを出資、2014年に日本上陸へ

by Junya Mori Junya Mori on 2013.8.13

fab

6月にシリーズDの資金調達を行った米国のソーシャルコマースサービスのFabが、現地時間の12日、伊藤忠商事から500万ドルの追加出資を受けることを発表し、TechCrunchVenturebeatFastCompayといったメディアが報じている。同社のベンチャーキャピタル部門である伊藤忠テクノロジーベンチャーズも、今回のシリーズDの資金調達に参加している。

Fabの共同創業者であり、CEOである Jason Goldberg氏は、Fabと伊藤忠とでジョイントベンチャーを設立し、2014年にFabを日本に上陸させるために協働していくと述べている

Fabと同種のサービスとして有名なFancyは今年の2月に日本に上陸を果たしている。最近では当日配達サービスをスタートしたり、Tumblrとの提携などを開始するなど、活発な動きが目立つ。今回、Fabも日本に上陸することが発表され、日本のプレイヤーであるSumallyやMONOCO等を含めた激しい競争が繰り広げらることになりそうだ。

アジアでは台湾のPinkoi、シンガポールのHipVanなど、デザインに特化したコマースサービスが注目を集めている。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------