世界中のハードウェアスタートアップ向けのアクセラレータプログラム「HAXLR8R(ハクセラレータ)」を卒業した10社

SHARE:

haxlr8r-spark

世界中のハードウェアスタートアップ向けのアクセラレータプログラム「HAXLR8R」(中国深圳で開催)をハードウェア企業10社が卒業した。

アメリカ、ヨーロッパ、アジア(中国2社)から参加したスタートアップ10社は、15週間のプログラム期間中に、ロボット工学、接続デバイス、モノのインターネット(IOT)、エンターテイメント、バイオハッキングなどの分野にわたる製品を製作した。

      SPARKはハードウェアのための使いやすいプラットフォームで、WiFi接続された製品の構築を信じられないくらい簡単にしている。
      HELIOS Barsは世界で初めての自転車用統合ヘッドライトウィンカーシステムで、付属iOSアプリはユーザにカスタム機能を提供している。
      YEELINKはメーカーや従来の企業が新世代の電化製品、接続デバイスやアプリケーション制御ハードウェアの開発を支援するプラットフォームだ。
      FOCUSは実証された神経科学をBluetooth接続の神経向上経頭蓋刺激ヘッドセットを通して提供し、認識能力を向上させる。
      FABULE Fabricationsはユーザが思い通りに操作できて、とてもユニークな特徴を持つインタラクティブな家庭用デバイスを開発している。
      MOLECULE SYNTHを利用すれば、電子楽器を作成するためのモジュールで無限大に拡張することが可能である。
      LIGHTUPは、子供のために開発されたツールで、電子工作キットと通信講座がセットになったものである。これにより、子供たちは最新の電子デバイスの基礎を学ぶことができる。
      HEXは、オープンプラットフォームを用いた仮想ロボットで、完全なる自立制御が可能でモバイルアプリケーションで操作が可能だ。
      BLINKIVERSEを使用することによって、LEDライトをブロックごとに制御するためのオープンソースを作成することができる。このLEDの制御は、例えば今まで想像できなかったようなインタラクティブなイルミネーションショーが可能である。
      VIBEASEはバイブレータで、女性のオーガズムをデジタル世界へと誘うプライベートなファンタジーマーケットプレイスだ。(関連記事はこちら

今回のスタートアップリストの中で、YeelinkとHEXは中国からの参加だ。このプログラムでもう1つの中国企業であるMakeblockは20万米ドルをKickstarterから調達した。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------