PathがAPI連携を開始ーー日本からはpapelook、Otaku Camera、Miilが連携アプリに選ばれる

by Junya Mori Junya Mori on 2013.8.13

path-photo

インドネシアなどの国でも人気を博している米発のクローズドSNSのPathが、米国時間の2013年8月12日に、サードパーティー製スマートフォンアプリとのAPI連携を発表した

世界中のスマートフォンアプリの中からAPI連携先として選ばれたのは、Nikeの提供するNike+ Runningや、WordPressといったサービスに加えて、いくつかの写真・映像アプリが選ばれている。

その中に、日本のアプリからパペルック株式会社の「papelook(パペルック)」 とTokyo Otaku Modeの「Otaku Camera」、株式会社FrogAppsの「Miil(ミイル)」などが選ばれている。Pathに投資しているDGインキュベーションは、パペルック、Tokyo Otaku Modeに投資している。

今回のAPI連携により、papelookとOtaku Camera、Miil等で作成した写真や画像データを、Pathに直接投稿できるようになった。この結果、従来のソーシャルネットワークに投稿し、幅広く共有するスタイルとは別に、親しい友人や家族など身近な人たちにだけ共有するというクローズドなスタイルでの投稿が、それぞれのアプリからも行うことが可能となった。

これまで、Pathに写真を投稿するためには、Path内で写真を撮影して投稿するか、外部アプリで撮影した写真をPathを立ち上げて投稿する必要があった。API連携により、外部アプリから直接投稿ができるようになったことにより、こうしたわずらわしさが少し解消され、ユーザーのPath内でのアクティビティが増えるかもしれない。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------