写真共有アプリSnapeeeが、Kawaiiをテーマに玉城ティナらモデルも登場するファッションイベントを台湾で開催

SHARE:

snapee fes

世界500万人のユーザーを誇る写真共有アプリ「Snapeee(スナッピー)」を運営する株式会社マインドパレットは、ファッションショー、音楽ライブなどの要素を含んだガールズイベント「Snapeee Fes」を来月9月14日に台湾で開催することを発表した。

Snapeeeでは、アパレルブランドやファッション誌などが法人アカウントを運営している。8月20日現在、130万人を超えるフォロワーを獲得したアカウントも登場している。日本の「Kawaii」を提案するファッション系コンテンツは同アプリ内でも人気コンテンツの1つ。

第1回のSnapeee FesではSnapeee上で公式アカウントを設けている玉城ティナや水原佑果など今注目のモデルや、ViVi、ピーチジョン、WEGOなどのアパレルブランドとともに「日本のKawaii文化(以下、Japan Kawaii※)をアジアへ」をコンセプトにイベントを開催する。

Snapeeeのユーザーは現在、世界で500万人を超えており、日本、台湾をはじめとするアジア圏のユーザーが7割、全体の9割を女性が占めている。中でも台湾にはファッションブロガーやモデルをはじめとする「Japan Kawaii」に関心の高い女性がユーザーとなっている。彼女らに対して日本のカワイイをテーマにしたイベントを開催し、アジアにおけるSnapeeeのブランドイメージの構築に取り組む。


※ 「Japan Kawaii」は株式会社マインドパレットの商標

----------[AD]----------