【投資家・起業家対談】「藤田晋氏は超えてみたいって思える存在なんです」ーーインキュベイトファンド和田氏×ビヨンド一谷氏

SHARE:

投資家と起業家の関係は興味深い。特にシード期の投資家と起業家は共同で経営にあたり、資金だけでない特別な関係を結ぶことが多い。そこにはどのようなやり取りや葛藤があるのだろうか。

このインタビュー・シリーズでは、投資家と起業家のお二人に対談形式でその内情を語って頂く。インキュベイト・ファンド共同代表パートナーの和田圭祐氏とビヨンド代表取締役の一谷幸一氏。初回二回目に引き続き最終回。

一谷氏と和田氏の年表
2006年:24歳の一谷氏と和田氏、サイバーエージェントで出会う
2007年:和田氏が25歳でファンド(セレネベンチャーパートナーズ)設立
2008年6月:一谷氏が26歳で起業、ビヨンドを設立
2009年12月:和田氏がビヨンドに投資
2012年:グロービス・キャピタル・パートナーズからシリーズAとなる第三者割当増資

IMGP8359

経営者の暗黒時代

ーーー前回の続き

和田:一谷さんにとって一番キツかった暗黒時代って

一谷:二、三回ありますけど、やっぱり直近の幹部社員の退職とそれに引っ張られて他の社員の退職が続いたときは辛かったです。

今までのアプリ運用ノウハウからBEAD(※アプリ広告ネットワーク)を立上げたのに、主軸のアプリ事業での大量生産の戦略の行き詰まっていることころで、広告事業だけの会社にするつもりはなかったですし、会社として存在意義やその上での戦略を改めて問われていていた時ですね…。

和田:当時の一谷さんって端からみてて明らかに、リーダーシップの発揮の仕方に悩んでたもんね…。でもそれを解決する糸口って、一谷さんが世の中に何を成し遂げたいかを明確にすることで、それまでは無理だろうなって思ってた。確かにあの時の一谷さんは大変そうだった。

一谷:丁度、去年の年末なんですよね。誕生日(※二人は誕生日も同じ12月28日)も一緒にいてましたけど、途中で帰りましたもんね。

和田:そうだった(苦笑。「和田さん、会社が大変なんで」って言ってた。

一谷:結構ポジティブな人間だと思ってたんですけどね。さすがに食事が喉を通らなかったです。でもそれからまずはマネージメントチームの再構築を急ぐ必要があると思い、昔から付き合いのあった人物に経営陣に参加してもらい、社内からも一人引き上げて三人のマネジメントチーム作りました。

その後、会社としての方向性が決まり、戦略としても事業間の有機的なポートフォリオを組んだ絵が描けましたので、そこから回るようになりましたね。

和田:あとは新しいサービスがキチンと立上がればいいよね。

一谷:僕自身が新規事業に注力している中で実は、既存の数字が伸びてるのもいい状況を作ってくれてますね。なので今描いている通りに仕込んでいる事業が乗っかってくれれば、苦労した甲斐もあったと思えます。

和田:グロービスからの投資の前後で何が一番変わった?

一谷:前まではお金の悩みだったのが、一気に組織マネージメントの課題に変わりましたね。

和田:確かに億単位の調達した後のスタートアップの採用計画って割と計画通りワークしないよね。ビヨンドの場合はそこに事業仮説の崩れもダブルでやってきたからね。

IMGP8395

経営会議と株主

和田:桁をひとつ上げるために自分が変わったなって思うポイントってある?

一谷:スッゴイ初歩的なこと言っていいですか…。

和田:うん。

一谷:人と向き合うようになりました。

和田:かなり初歩的だよね(笑。

一谷:私、あまり他人のこと気にしない人でした。アイディアさえイケてれば、なんとかなると思っていたし。伝わっていると思っていた。だからリーダーシップ取れなかったわけですが。

和田:うん…なるほどね。よし話変えよう(笑。今までの経営会議についてはどう思っている?

一谷:今の経営に参加してくれてる株主は当然少しタイプが違うじゃないですか。

高宮さん(グロービス・キャピタル・パートナーズの高宮慎一氏)と和田さんも違っていて、高宮さんには事業面ではなく、ビジョンなど企業経営としての上位レイヤーの議論を主にさせていただいていて、最初はなかなか追いつけずに和田さんには上手く間に入って立ち回ってもらっていました。

IMGP8377

和田:そうだね。

和田:一谷さんこの件、たまに甘えるときがあるよね。いつの間にか高宮さんへの説明を僕も一緒にやってたりしてるし(笑。

一谷:すいません(笑。

和田:ほら、「和田ってすごい怖い」っていう人と、「ほとんど何も言わない」っていう人に分かれるんだけど、一谷さんってその両方の和田を見てるじゃない。

一谷:そうですね。怖いというか、経営会議でたまに本気でシャウトすることがありますよね。ただ、それって大切で外部投資家の方ってそこまで経営にコミットするわけじゃないし、「本気なのかな?」って思うこともあるじゃないですか。和田さんはそういう意味では本気だと感じています。

あ、ちなみに一つ言っておきますと、決して温厚な高宮さんが本気でないということではないです(笑。

和田:経営者のスイッチさえ入ってればもうほっといてもいいと思うの。でも気がついたらぬるい感じになってることがあって、それは気付いてほしいな、と思っている(笑。もちろんみんな頑張ってるのはわかるんですけどね。

SD:ぬるいって感じるポイントってあるんですか?

和田:経営会議の議論の中身や資料に魂がこもってないと、なんとなくわかっちゃいますね。「これで勝てるんだっけ?」みたいな問題提起はよくしてた気がする。

一谷:はい(苦笑。

IMGP8386

藤田さんは負けたくない存在

和田:負けたくないライバルっている?國光さんが対向意識燃やしてるイーロン・マスクみたいな

一谷:強いて言えば、サイバーエージェントは僕らの前職でよく知っていますし、本当に凄い会社だと思っている分、負けたくない、早く追いつきたいという気持ちがあります。

藤田さん(代表取締役社長の藤田晋氏)はもちろん尊敬する経営者なんですが、同時に超えてみたいっていう存在でもあります。最初に間近で見た経営者ですから、経営面で社長の真似を試みたりもしたのですが、現状の自分達との乖離があり過ぎてワークしなかったですね(笑。

和田:偉大な藤田さんをいきなり真似しようとしても、難易度高いよね…(笑。

一谷:そうですね(笑。規模が大きいのに文化もしっかり根付いていて、人材も豊富な会社の経営者を真似してもそりゃステージが違うだろうという感じです。

和田:同年代では?

一谷:わゆる81世代ですよね。その括りで大きく意識したことはないですが、たまに飲み会が開催されていて、相談や情報交換をし合ったりする友人は多いですね。

和田:一谷さんってあまりビッグマウスタイプじゃないもんね。あんまり取材とかも受けないじゃない。

一谷:本当に自分達が大きな成功をして実績を作ったという実感がないと、人前で話せることもないと思えてしまうというか、上手いように喋れないところがあります。会食とかでの1対1や少人数は得意だと思っていますが。

和田:俺ら、國光さんまでの道のり遠いね(笑。

SD:お時間になりました。お二人ともありがとうございました。

----------[AD]----------