タイの出会い系アプリ「Noonswoon」が、アジアの複数VCから40万ドルを調達

SHARE:

読者の中には、今年6月に開催された Echelon 2013 で、タイの Noonswwon が盛大な拍手をもって迎えられたのを記憶している人もいるだろう。

Noonswoon は、シンガポールの Golden Gate Ventures(SD Japan のアドバイザーも務める Jeffrey Paine 氏らが設立・運営)をリード・インベスターとする資金調達を行い、40万ドルの資金を獲得したと発表した。出資に参加したのは、シンガポールのVC Golden Gate Ventures の他、香港のVC Pacific Tiger Group、タイの電子出版スタートアップ Ookbee のCEO Moo Natavudh 氏(関連記事)、格安ホテル予約サイト Agoda のCTO Joost Doevelaar 氏で、企業価値評価(バリュエーション)は300万ドルとされる。

Noonswoon は Kavin Asavanant 氏、Theeranit Pongtongmuang 氏、Peter Panas 氏の3人によって2013年設立された。同社のプロダクトは iOS / Android アプリで、友人の友人である独身者に、あなたを紹介してくれる。Noon と名前にある通り、毎日正午、アプリが友人の友人に紹介してくれるので、双方の気が合えば、連絡を取ることができる。タイのライフスタイル・アプリ部門では、2ヶ月前に第2位の座にランク入りを果たしている。

Noonswoon1

今回の資金調達を受けて、Noonswoon はよりトップレベルの開発人員を追加雇用したいとしている。創業者の一人である Peter Panas 氏によれば、現在はハーバード・ビジネス・スクールに居る Nate Jenewit 氏が、プロダクトマネジメント担当VPとしてチームに参画するとのことだ。

今年の始め、Noonswoon はタイのモバイル通信キャリア AIS が協賛したスタートアップ・ウィークエンドで優勝し、AIS のマーケティングやPR協力を受けるとともに、同社の開発ファンドから60万バーツ(約130万円)を受け取っている。

Golden Gate Ventures の創業パートナーである Vinnie Lauria は、Noonswoon の創業チームについて、よい印象を受けたと語っている。

Noonswoon の創業者達には、私たちがよいチームに求めるものが備わっていた。互いに足りないものを補いあい、分析に基づいて製品戦略を立てている。

Vinnie Lauria は、Echelon への参加権を競う、タイの Echelon サテライト予選イベントで初めて Noonswoon に会った。連絡を取る度、Noonsoon のチームがシステマティックで、組織がうまくまとまっていることに好印象を受けたと述べる。Noonsoon はそのすべてを、分析と統計に基づいて実践していた。

先頃行ったインタビューで、Noonswoon はアジア展開の計画を明らかにしており、近日中にシンガポールでのサービス開始を予定している。

【via e27】 @E27sg

【原文】

----------[AD]----------