クラウド請求書管理サービス「Misoca」を運営するスタンドファームが、インキュベイトファンドから3000万円の資金調達を実施

SHARE:

misoca

クラウド請求書管理サービスのMisoca運営するスタンドファーム株式会社がインキュベイトファンドを引受先とする3,000万円の第三者割当増資を実施したことを発表した。

Misocaは、現在、8,000以上の事業者が登録しているクラウド請求書管理サービスだ。 見積書・請求書・納品書をブラウザ上で管理、編集することができ、オンラインで操作すると、Misocaが紙の請求書を印刷・郵送する郵送代行機能を提供する。
請求書の詳細
今回調達した資金をもとに、サービスの向上、人材の採用、サービスの機能拡充やマーケティングの強化を進めていくという。Misocaのサービスにおいては下記のテーマについて運営・開発に関するリソースが追加される予定だ。

  • ・インバウンドマーケティングの実施
  • ・ユーザエクスペリエンスの向上
  • ・他サービスとのコラボレーション
  • ・帳票の電子配信プラットフォーム化

マーケティングに必要な人材を採用し、これまでリーチ出来なかったユーザにサービスを利用してもらい、ユーザエクスペリエンスを向上させることで、既存のユーザの満足度を向上させる改善を実施していく。

さらには他社のWebサービスや、CRM、ERPソリューションなど、外部APIなどを用いたコラボレーションを進め、双方のサービスのユーザに価値提供を目指す。Misocaでは現在「MisocaのWeb請求書」というサービスをクローズドで運営している。

このサービスでは請求書に限らず、支払い明細書、領収書といった帳票・文書類を安価に電子配信する仕組みを提供しており、このサービスの拡充を実施していく。

スタンドファームのチームメンバー
スタンドファームのチームメンバー
----------[AD]----------