今度はAndroid向けーー「Google Play」のSEOでアプリ開発者が避けたい10のポイント

SHARE:

ここ数年ウェブサービスの現場ではスマートフォン、スマートデバイスを優先させる「スマホ(スマデバ)ファースト」が合い言葉のようになっている。

実際、私たちが取材する先のスタートアップですら、初期トラフィックはスマートフォンに移っているものが多く、対応はもはや当たり前の世界になった。

一方でアプリに関しては従来型のトラフィック施策、例えばSEOやSEMといった概念はまだまだ未開拓の部分が多く、見よう見まねで実施しているところも多いかもしれない。

以前ご紹介したインフォグラフィック(というかスライド)に引き続き、iOSアプリのSEOツール「SearchMan」を運営するAppGroovesが9月18日、また新たにインフォグラフィックを公開した。今度はAndroid向けだ。

今回もまた、開発者にとっては当然と思われる内容も含まれているかもしれないが、サービスに関係する全員が共通認識として持っていてよい内容なので、共有させて頂く。この他にも同社の提供するSEOに関するTipsを知りたい方はここにも情報がある。