「アジア人はヨーロッパ人よりもゲームにお金を費やす」という分析レポート

by e27 e27 on 2013.11.12

Smartphone_games1

アプリ分析会社Distimoのレポートによると、アジアではヨーロッパよりもゲームにお金が費やされているという。韓国のGoogle Playにおける収益の94%はゲームからもたらされている。

アメリカのアプリ分析会社であるDistimoは昨日、ゲーム業界の最新の動向や見解の詳細を記した2013年9月のレポートを発表した。

モバイルエコシステムの王者であるゲーム」と題されたレポートでは、Top Overallのカテゴリーで全てのアプリの48%がゲームであること、そしてこれらのアプリがGoogle Play総収益の92%を占めているということが明かされている。
それに加え、iOS App StoreではTop Overallのカテゴリーにある全アプリの52%がゲームであり、収益の79%を占めている。

また、Distimoによる2013年9月のレポートでは次のような重要な点が挙げられている。

    1. iOSとGoogle Playの両方におけるゲームの収益比率は、昨年同期に比べて13%も跳ね上がった。

    2. 韓国のGoogle Playの収益の94%がゲームからもたらされている。

    3. 台湾のiOS App Storeでは、ゲームの収益が87%でトップを占めた。

    4. Amazon Appstoreでは全てのダウンロードの63%はゲームである。

    5. Apple App Storeでは、ロールプレイングゲーム(RPG)がAll Gamesカテゴリー内でトップにあたる14%の収益比率を占めた。

    6. 2013年9月の時点において、このカテゴリーで最も人気のあるアプリはMachine Zone, IncのGame of War – Fire Ageだった。

    7. iPhoneとiPadのどちらにおいても、最も多くダウンロードされたのはゲームアプリだった。iPhoneでは全ダウンロードのうち33%がゲームであった。iPadではさらにその割合が高く48%に達した。

ゲームは特に台湾で好調のようで、Google Playでの総収益の89%がゲーム業界によって生み出されたものである。

DistimoのアナリストであるTiuri van Agten氏は次のように書いている。

「台湾では長い間Google Playの有料コンテンツが禁止されていました。消費者保護の法律によって7日間の試用期間の設定が求められていた一方で、Google Playで提供されている試用期間は15分だけだったのです。2013年初めにこの禁止が解かれ、台湾でもGoogle Playの有料コンテンツが利用可能になりました。」

同レポートは、ゲームがモバイルアプリ全体の収益に占める割合は、ヨーロッパよりもアジアの国々で高いと結論付けている。

google-play-revenue-korea

また、収益面におけるiOS App Storeのゲーム部門トップ5は、ロールプレイング、ストラテジー、アクション、シミュレーション、アドベンチャーであった。

Google Playのゲーム部門の収益トップ5は、アーケード&アクション、カジュアル、パズル、カード&カジノ、スポーツゲームであった。

ただし、iOS App Storeでは1つのアプリが複数のカテゴリーに登録されていることもある。MojangのMinecraft – Pocket Editionがその一例で、シミュレーションとアドベンチャーの両カテゴリーでも高い人気を集めている。

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------