【投資家・起業家対談】「スタートアップが彼女です」ーーサムライインキュベート榊原氏×エニドア山田氏(3/3)

by Takeshi Hirano Takeshi Hirano on 2013.11.17

投資家と起業家の関係は興味深い。特にシード期の投資家と起業家は共同で経営にあたり、資金だけでない特別な関係を結ぶことが多い。そこにはどのようなやり取りや葛藤があるのだろうか。このインタビュー・シリーズでは、投資家と起業家のお二人に対談形式で「二人だから語れる」内情に迫る。

今回は日本の独立系インキュベーターの草分け的存在、サムライインキュベート(以下、サムライ)から代表取締役の榊原健太郎氏と、同インキュベーターの運営ファンド一期生で、ソーシャル翻訳サービス「Conyac」を運営するエニドア代表取締役の山田尚貴氏が対談する。全三回の最終回。

エニドアの道のり
2009年2月:山田尚貴氏と小沼智博氏(旧姓菊池)エニドアを創業
2009年5月:ソーシャル翻訳サービスConyac誕生
2010年3月:榊原氏と出会い、サムライインキュベート一期生になる
2011年12月:ユナイテッドから資金調達
2013年2月:ビジネス向けサービス「ComyacforBusiness」開始
2013年10月:ベンチャーキャピタル3社から資金調達

_MG_9880

榊原氏の最終目標

山田:最近は新しい会社に対してどういうサポートしてるんですか?

榊原:今は投資して半年間、昔よりもフォーマットを決めてアドバイスをしてますね。半年間のハンズオンが終わったら2週間に1回とかに変更して。

山田:一緒に試行錯誤してるというよりは定型化してるんですね。

榊原:そうですね。

TB:昔使ってたエクセルのシートはまだあるんですか?(※)

榊原:使ってますよ。形変わってますけど。

山田:あー!懐かしい。ここ埋まらない!とかやってた。結構あのシートのおかげで次の投資決まったっていうのはあったと思いますよ。テンプレートになってたので投資家に説明しやすかったです。

榊原:でもあれ、人によっては嫌がる方もいるんですよ。管理されてる感じがあるって。

山田:今後もこういうスタンスなんですか?もう少し大きな視点で日本のスタートアップをみたりとかしないんですか?

_MG_9888

榊原:両方ですよね。サムライの影響で起業しましたとか、インキュベーターやCVC(コーポレートベンチャーキャピタル)も生まれたりしたし。ただ、海外で成功する会社を作る!って言ってて自分が日本にいるのはやっぱりダメかなって。

山田:え!海外行っちゃうんですか?でも最初アメリカに行ったとき、確かにアメリカでやっていきたいって言ってましたもんね…。

榊原:アメリカよりもイスラエル行きたいんですけどね。小林(※1)さんにシリコンバレーで暴れてもらって、僕は中東でエンジェルと仲良くなって海外から投資を受けられる環境を作りたいなと思ってます。47都道府県回って、思い残すことがないようにしてるんです。

山田:やばいです(笑。榊原さんの最終目標ってどこなんですか?

榊原:ノーベル平和賞ですね。

山田:それ最初に会った時から一貫して言ってますよね…。タリーズで会った時もノーベル平和賞のこと言ってましたよ。その部分だけは「ああ、この人はもしかしたらおかしい人かもしれない」って…。

榊原:マジですか?(笑。そんな時も言ってました??

山田:その半年後に渋沢栄一氏の名前が出てきて。

榊原:確かにノーベル平和賞に関連した日本のビジネスマンを調べたら、渋沢栄一さんが出てきたんですよね。彼が521社作ったっていうから、じゃあ2020年までに522社作ろうって思って。ほら、発展途上の国でその国を豊かにするインキュベーターになれれば平和賞取れるかもしれないじゃないですか。

山田:かなり安直ですね…(笑。

_MG_9895

スタートアップが彼女なんです

TB:お二人のプライベートはどうだったんですか?

山田:週末はサムライハウスにずっといましたから、榊原さん何してるんですかって聞いたら「DVDみてる」って言うので暗いなって思ったのは覚えてます。だって、レンタルビデオ店に一緒に行って、面白そうなのをかれこれ30分近くオススメしたのに「全部みた」って言われてましたもんね。

榊原:江古田のゲオですね(笑。

山田:確か50円レンタルとかで安かったからか、なくなっちゃって榊原さん困ってましたもんね。

榊原:そうでした(笑。

山田:10年後にすごいいい思い出になってますよ。あの時ああいうインキュベーターがいたよね、今はイスラエルだけど…って。奥さん的な人はいないんですか?

榊原:いないですね。スタートアップが彼女なんで。

山田:うわーこれアカンやつですね。

_MG_9885

TB:山田さんは結婚されましたよね。

山田:18歳とかに付き合い始めて、アメリカも一緒に行ってましたし長いんですよ。ただその話結構複雑なんですけど。

榊原:小沼さんからその話はタブーだと言われてました。

山田:ヤバいなーこの話題。僕ら面白いのは、一番最初に榊原さんに投資してもらったタイミングで小沼が結婚決まったんですね。次の投資が決まったら僕が結婚して、直近の増資ではCTOの結婚が決まってるんです。

榊原:調達結婚ですね(笑。

TB:お時間になりました。ありがとうございました。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------