メタップスとカカオトークが提携、カカオゲームにおけるアプリ開発者の収益化とプロモーションを支援

SHARE:

a_1

Androidアプリ向け収益化プラットフォームを運営するMetaps(メタップス)が、韓国発の人気メッセージアプリ「KakaoTalk(カカオトーク)」を運営するKAKAO Corporationが、韓国市場における事業展開パートナーとして業務提携したことを発表した。

カカオトークは、2010年3月に韓国でサービス開始し、13言語世界230カ国でサービスを提供している。累計1億人ユーザを突破している

グローバルに向けてアプリ開発者向け収益化プラットフォームを運営しているメタップスとカカオが連携することで、カカオゲームを提供しているアプリ開発者の収益化及びプロモーションを強化していく。

先日、本誌でも紹介したように、韓国のゲーム市場に進出する海外勢は増えている。これは日本にとっても無視できない動きだといえる。

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録