東南アジアの決済問題の解決を目指すBitcoinスタートアップ「Artabit」

SHARE:

ayoub-artabit

アメリカとインドネシアに拠点を置くBitcoin系スタートアップArtabitが本日(原文掲載日:11月21日)、Startup Arena Jakarta 2013のステージに立ち、Bitcoinを使って東南アジアにおける電子決済問題を解決する計画について語った。(ピッチのビデオはこの記事で見ることができる。)

Bitcoinは世界中の注目を集めており、東南アジアも例外ではない。しかし、この地域全体は現金が主流で新しい決済手段に消極的なため、先進的な思考の持ち主である起業家にとってはこれにどう立ち向かうかが克服すべき主要課題となっている。Bitcoinが成功するには、アクセス可能なインフラ基盤を整備することがまず必要だ。Artabitはこの問題に取り組もうとしている。設立者のAyoub Naciri氏は次のように語った。

まだ初期段階にある新しい決済システムを組み込むために時間とリソースを注ぎ込むことに躊躇いが見受けられます。これに対する私たちのアプローチはカスタマーサイドからのリクエストを最小限に抑え、簡素化することです。

同社はインドネシアおよび東南アジア市場向けにBitcoinの決済ソリューションを開発中である。Artabitが取り組む包括的なテーマは、以前はテック通のユーザしかうまく使いこなせなかったBitcoinの複雑なプロセスを簡素化し、より多くの人に利用してもらえるようにすることだ。それには3つの方法がある。

Artabitはまず、新たな決済手段としてBitcoinを受け入れることができるようオンラインショップを支援すること。

次に、Artabitがオンラインショップと顧客をつなぐサードパーティとして機能すること。Bitcoinに対応していないオンラインショップで買い物をする際、顧客はBitcoinでArtabitに支払い、Artabitがショップに現地通貨で支払うという仕組みだ。

最後に、外国人労働者がBitcoinを使って母国にお金を送るという電子送金サービスの支援をすること。送る側も受け取る側もBitcoinの存在を理解していなくても、知っていなくてもよいとAyoub氏は言う。

artabit-720x491

ほとんどの国と同様、インドネシアでBitcoinは非常に初期の段階にあると言える。しかしAyoub氏によれば、インドネシアの人々は徐々に興味を引かれているらしい。

Bitcoinは新興国や発展途上国特有のいくつかの問題(多くの人が銀行口座を持っていないことやクレジットカードの使用制限があることなど)を解決しています。」とAyoub氏は言う。「私たちはアメリカやヨーロッパなどの先進経済国よりも、インドネシアのような国で早々にBitcoinが受け入れられると予想しています。

同社では現時点で、単純なものから中程度レベルの取引を処理できるベーシックなプラットフォームを用いる構想を完全に実証した。次のステップとして、現地インドネシアの銀行と完全に統合された強固なプラットフォームを開発する予定だ。Ayoub氏はArtabitを2014年前半に稼働する予定だという。彼らは現在、規制当局より必要なライセンスを取得中である。

Startup Arenaでは、Global Brainの鈴木伸武審査員はBitcoinの法的問題と不安定性に関して疑念を呈した。K-Cube venturesのJimmy Rim審査員も、Ayoub氏自身が懸念していることであるが、新たな決済ソリューションに対する躊躇いをどう克服していくかについて憂慮を示した。さらに、Saemin Ahn氏はAyoub氏に対して、ArtabitではBitcoinの流動性を相殺する計画を立てているが、Bitcoinの価値が取引の途中で変化した場合どういうことが想定されるかを質問した。500 DuriansのKhailee Ng氏はこの計画が気に入ったと述べたが、ピッチは「最悪だった。」と吐き捨てた。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------