大日本印刷とワンモアが出版に特化したクラウドファンディングサイト「ミライブックスファンド」を開始

SHARE:

miraibooks

クラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING(グリーンファンディング)」を運営するワンモアと大日本印刷(DNP)が、出版に特化したクラウドファンディングサイト「ミライブックスファンド」を開始した。

「ミライブックスファンド」は新規の出版企画を支援するサービス。このサイトでは大手出版取次会社も協力し、出版社をはじめとする企業に対して、新規出版企画の実現に必要な企画の立案から資金の調達、出版流通のコンサル、制作・製造など、書籍の出版に必要なプロセスをワンストップで提供する。

先日本誌でも掲載した「アジアにおける特化型のクラウドファンディングサイト」のように、特定の目的を実現するためのクラウドファンディングサイトはいくつか存在している。

今回、出版に特化したクラウドファンディングサイトは、モノづくりに特化したクラウドファンディングサイト「Cerevo DASH(セレボ ダッシュ)」や「zenmono」が近いかもしれない。

電子書籍の普及や小さな出版レーベルの登場など、出版のハードルは下がってきていたが、このクラウドファンディングサイトの登場により、さらに出版が多くの人にとって身近なものになりそうだ。資金調達にプリセールス、プロモーションなども兼ねて出版が可能になる。

miraibooks lancers

「ミライブックスファンド」では、第1弾プロジェクトとして、先日本誌でも記事を掲載したクラウドソーシングサービスを運営する「ランサーズ」のムック本の出版プロジェクトなどが掲載されている。

プロジェクトの掲載期間は12月5日~1月23日。目標金額は300万円となっている。リターンには支援金ごとに「完成した書籍への広告掲載」、「出版記念パーティー参加権」、「企業とのコラボレーション企画」などが用意されている。

リターンの設計でも様々な挑戦ができそうだ。「ミライブックスファンド」によって、従来の出版のあり方や書籍に変化が訪れるかもしれない。

----------[AD]----------