Eventifierが世界最大のイベント管理プラットフォームを目指し50万米ドルの資金を調達

SHARE:

eventifier-ss-720x425

バンガロールに拠点を置くイベントコンテンツ集約ウェブプラットフォームのEventifierが先日、Accel PartnersKAE Capitalから50万米ドルの資金提供を受けたと発表した。調達した資金はEventifierを「世界最大のイベント管理プラットフォーム」へと育て上げるために活用すると同サービスの共同設立者Jazeel Badur Ferry氏は語っている。

Eventifierはソーシャルメディアコンテンツの集約ツールであり、オーディエンスによって作成されウェブ上に散在しているコンテンツをハッシュタグを使って自動的にアーカイブする。これによりイベントの主催者も参加者も1つの便利なプラットフォームで全てのコンテンツを見ることができる。

「これまで、イベントの管理者がこのようなことを効果的に行う手段はありませんでした。」と技術担当の共同設立者Nazim Zeeshanは語った。

Eventifierは昨年6月のローンチ以来、世界中の2,000以上のイベントをアーカイブしているという。NASA、Twitter、Pearsonといったビッグネームのクライアントに社内外のカンファレンスを提供してきた。

これはEventifierにとって今年で2度目となる資金調達ラウンドである。4月にKAE CapitalとThe Startup Centreから調達したが額は非公開だ。

Accel Partnersのポートフォリオには、Facebook、Groupon、Flipkart、Supercell、Dropbox、Cloudera、Kayak、99 Designsなどの国際的に有名な企業が含まれている。 KAE CapitalはこれまでInMobi、Healthkart、Squeakeeに投資を行っている。

【原文】