モバイル広告分析ツールのアドイノベーションがDACと資本提携

SHARE:

dac-and-adinnovation_logos

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

モバイル広告の分析ソリューション AdStore TrackingHitracking を提供するアドイノベーションは今日、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(東証:4281、略称DAC)と提携し、資金調達したと発表した。なお、調達額は明らかにされていないが、アドイノベーションは DAC の持分法適用会社となる模様だ。

2010年の設立以来、アドイノベーションは、多くの日本のモバイル広告代理店向けに、広告パフォーマンスのトラッキングツールを OEM 提供してきた。昨年7月には日本の複数の投資家から1.6億円を資金調達し、最近、新しいパフォーマンス分析ツール Hitracking をローンチしている。

DAC はデジタル広告やマーケティングに特化したメディアレップで、1996年に博報堂(東証:2433)やアサツーディ・ケイ(東証:9747)といった日本の広告代理店によって設立された。サイバーコミュニケーションズ(東証:4788、略称CCI、電通が設立)、サイバーエージェント(東証:4751)と並んで、日本のデジタル広告業界を牽引している。

今回の提携を通じて、アドイノベーションはクロスメディア・マーケティングの事業機会を模索したいと考えており、同社のクライアントにインターネット・マーケティングに加え、テレビや他のマスメディアを使ったマーケティングサービスを提供する。また、日本においては、インターネット・メディアレップ大手のサイバーエージェントが CAMPアドウェイズ(東証:2489)が PartyTrack のような効果測定ツールを提供しているが、DAC は自社や系列会社の中に、これまでそのようなツールを持たなかった。この提携の背景には、DAC が効果測定ツールを手に入れたかったという意図が確認できる。

彼らのソリューションを直接見てみたい人は、AppsWorld North America(サンフランシスコ、2月5日〜6日)、Casual Connect Europe(アムステルダム、2月11日〜13日)、SXSW Interactive(オースティン、3月7日〜16日)で、彼らに会うことができるだろう。

----------[AD]----------