ドラゴンボールのワンシーンが現実に、一輪の電動バイク「Ryno」がもうすぐ出荷開始へ

SHARE:


MG_0143-Edit_SMALL-640x425

米オレゴン州ポートランドに拠点を置くRyno Motors社が、2014年4月から「Ryno」の出荷を開始する予定だ。4月に出荷されるのは事前予約が完了しているものになる。

Rynoは、25インチのタイヤで、時速16kmで走る電動一輪車だ。イギリスのテック系メディア「The Verge」は、「ドラゴンボールの世界が実生活に」と書いている(※1)。

Rynoはバイクというわりには、それほど速度は出ない。だが、その操作性は注目に値する。Rynoを加速させるには「セグウェイ」に乗るときと同じように、体を前に傾けるだけでいい。停止するのも簡単で、体重を後ろに傾ければいい。もちろん、ハンドブレーキも用意されている。

Screen-Shot-2013-07-08-at-12.06.47-AM-640x425

Rynoはフル充電するのに約6時間ほどかかる。1回の充電すると、約16kmまたは1時間は、連続して最高速度で走ることが可能だ。12VのDCパワープラグが付いているので、スマートフォンの充電をすることも可能だ。Rynoは5,295米ドルで発売される予定だ。追加の費用を払えば、リチウムイオンバッテリーをアップグレードすることもできる。

Rynoは、電動であるため排気ガスを出さないこともそうだが、その製造工程において環境負荷をかける素材や再生可能でない素材の利用を可能な限り避けている(※2)。外装のデザイン性の高さはもちろん、こうした環境への配慮のこだわりもユーザの心を掴む一因となるのではないだろうか。

先日本誌では新しいキックボードを紹介した。この先の未来ではどんどん個人単位の乗り物の選択肢が広がりそうだ。みなさんはどの乗り物に乗ってみたいと思うだろうか?




※1 ドラゴンボールには1輪のバイクが登場する
※2 Green and Clean | RYNO Motors

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録